法人ETCカード簡単審査で新会社でも作れる
法人ETCカードつかいこなし術

auウォレットプリペイドカードでETCカードが作れるかって聞かれるんですけど・・

auウォレットプリペイドカードでETCカードが作れるか?
答えは「作れない」です。

 

ETCカードが作れるのはauウォレットクレジットカードの方です。
だけど作れると勘違いしている人が結構います。

 

原因はカードの見た目とレジでの使い方かもしれませんね。

 

au_wallet_edit

auウォレットプリペイドカードはクレジットカードブランド名がカード右下についています。
これって、クレジットカードみたいですよね。

 

さらにレジでの支払いで他の電子マネーのプリペイドカードの場合、店員さんに「Edyで」って声をかけて自分で読み取り機にカードを置き「シャリーン」という決済音がしたらお支払いになるんですが、auウォレットはカードを店員さんに渡して支払います。
店員さんによっては「一回払いですね」と言ってくる場合がある

 

これ、クレジットカードと同じ扱いですね。
それで勘違いしてETCカードも作れるのではと思ってしまうのじゃないでしょうか。

 

今回はこのへんの事情を整理して解説していきます。

 

auウォレットとは

 

種類

auウォレット(au WALLET)はEdy 、Suica 、nanacoなどと同じ電子マネーです。

プリペイド式の電子マネーなので前もってチャージしてから使います。

チャージした金額を使い切ったら、再度チャージしないと使えません。

 

ぼくもそうですが大抵、電子マネーはオートチャージにしていますよね。

一定金額まで減ったら自動でチャージされる。その方が使い勝手がいいですからね。

作れる人

auユーザーに限定されています。

au携帯、auひかりなどの利用者という事ですね。

 

auユーザー以外でも作れる裏技はあるようですがちょっと、めんどくさそうです。

興味ある方は「auユーザー以外でもauウォレットを使う方法」で検索してみてください。

使える場所

MasterCardVISAの加盟店で使えます。
以前はガソリンスタンドでは使えませんでしたが、2015年7月から出光SSでは使えるようになってます。

 

使い方

 

Edy 、Suica 、nanacoなどと同じ電子マネーなのですが、レジでの使い方がちょっと違っています。

他の電子マネーだと店員さんに「Edyで」って言って読み取り機に自分でカードをかざして支払いますが、auウォレットはクレジットカードで支払うときみたいにカードを店員さんに渡して支払いをします。

 

auウォレットプリペイドカードのメリット

他の電子マネーのように読み取り機が必要ないのでMsterCard、Visaが使えるところなら、どこでも使えます。

auユーザーなら誰でも作れます。

利用明細の確認方法

どれだけ使ったかを確認したいときがあると思います。

利用明細の確認方法を見てみましょう。

 

アプリで確認

スマホの場合、au WALLETアプリをダウンロードします。

「お買い物履歴」から確認出来ます。

 

au WALLETサイトでの確認

パソコンの場合、au WALLETサイトにアクセスして確認します。

プリペイドカード残高の下にある「メニュー」から「お買い物履歴」へ行って確認出来ます。

 

auケータイでの確認

au WALLETサイトにアクセスして確認します。

「残高」の金額を選択して確認出来ます。

 

auウォレットプリペイドカードではETCカードは作れません

ETCカードは後払い方式を採用しています。

一般的なETCカードの作り方はクレジットカードを作ってそれに付帯するETCカードを作るようになっていますので、ETC利用料は後払いでクレジットカードの引き落とし日に支払われます。

 

クレジットカードを作らないで発行出来る協同組合のETCカードも後払い方式です。

 

それらに対してプリペイドカードは前払い方式。

前もってお金をチャージして使うタイプです。

 

もしプリペイドカード式のETCカードがあったら高速のETC料金所を通過するときにカードにいくらチャージしているかを読み取る機能が必要になりますが、現状のETCはそういう仕様にはなっていません。

 

プリペイドカードではETCは使えないんです。

 

auウォレットはプリペイドカードとクレジットカードがある

 

ややこしいんですが、auウォレットにはプリペイドカードとクレジットカードの2種類があります。

 

イオンだったら

イオンカード クレジットカード
WAONカード プリペイドカード

こんな感じでわかりやすいと思うんですが、

「auウォレット」という同じ名称でプリペイドカードとクレジットカードがあるのはややこしいです。

 

auウォレットクレジットカード

2014年11月にauウォレットクレジットカードが出来ました。

こちらのカードならETCカードを作る事が出来ます。

 

いわゆる普通のクレジットカードなのでETCカードはもちろん、家族カードも発行も出来ます。

国際ブランドはVisaMastercardを選択出来ます。

auウォレットプリペイドカードはauユーザー限定でしたが、auウォレットクレジットカードはauユーザーでなくても作る事は出来ます。

 

年会費1250円(auユーザーなら無料)

au_wallet_credit

 

年会費1万円のゴールドカードもある。

au_wallet_credit_gold

 

メリット

auウォレットプリペイドカードは200円につき1ポイント、auウォレットクレジットカードは200円につき2ポイントもらえる。

ETC利用分も200円につき2ポイントもらえます。

 

デメリット

たとえば楽天カードだったら電子マネー「楽天Edy」を組み込む事が出来てクレジットカードで電子マネーの決済も出来る。
イオンカードだったらWAONを組み込むんで電子マネーの決済も出来る。

つまりレジで電子マネーを組み込んだクレジットカードを読み取り機にかざして「シャリーン」が出来るという事です。

 

しかしauウォレットクレジットカードはそれが出来ない。

auウォレット電子マネーをクレジットカード側では使う事は出来ないんです。

まとめ

  • auウォレットはプリペイドカードとクレジットカードがある。
  • ETCカードが作れるのはクレジットカードの方だけ。
  • もらえるポイントが200円につき、プリペイドは1ポイント、クレジットは2ポイント
  • 他の会社のクレジットカードのように電子マネーを組み込む事は出来ない。

ETCカードも作りたい場合はクレジットカードを作らなきゃダメって事ですね。

公式サイトによると、auウォレットクレジットカードは

  • 満18歳以上
  • 本人または配偶者に定期収入があるひと

という条件を満たせば審査に通るそうです。

家庭の主婦でも問題なく作れますし、「学生の場合は定期収入に関わらず申し込みが可能」となっていてかなり作りやすいクレジットカードと言えるでしょう。

 

 


 

以上「auウォレットプリペイドカードでETCカードが作れるかって聞かれるんですけど・・」という記事でした。

      2018/03/15