法人ETCカード簡単審査で新会社でも作れる
法人ETCカードつかいこなし術

ETCカードとETCコーポレートカードの違い

経理 桐谷
経費削減のため、主に高速道路を頻繁に使う会社を中心に使われているETCコーポレートカード、割引率が高く、特に首都高と阪神高速を頻繁に使う人には有効とされています。

今回は普通のETCカードとETCコーポレートカードの違いについて調べてみます。

 

 

共通点

まずは共通点から見ていきましょう。

ETC車載器が搭載されている車で使用すれば通常のETC割引が受けられる。

ETC車載機にカードを挿入してETCゲートを通過することで通常のETC割引が受けられます。

 

ETCのなかった昔は料金所での渋滞は日常茶飯事だったのですよ。

これからはETC2.0でスマフォとの連携も出来るようになるらしいですよ。

 

通常のETC割引

これはETCの普及のため使ったほうが高速代が安くなるという一種のキャンペーンですね。

関連記事↓

 

車載機がないとETC割引は受けられない
車載器のない車でも手渡しでETCカードを使用する事は可能です。

つまり一般レーンで係りの人にカードを渡して決済してもらうという事。

ですが、その場合はETC割引は受けられないんですね。

 

月毎に高速道路使用料金の明細が送られてくる。

 

高速道路使用料金を会社の経費として管理する場合はマストアイテムですね。

いちいちレシートの整理をしていた頃がバカみたいに思えますよ。

 

ETCカードとETCコーポレートカードの違い

それではETCカード、ETCコーポレートカード、それぞれの違いをみていきますよ。

使用できる車両

ETCカード

レンタカー、カーシェア、従業員の車など、どんな車でも使用出来ます。

 

一枚のETCカードを使いまわして色々な車で使えますね。

たとえば、「ここの高速代は僕が持つからこのETCカードを使って」というような事も出来ます。

出張先でレンタカーを借りて高速代は会社支給の法人ETCカードで、というケースもありますね。

 

ETCコーポレートカード

登録した特定の車両でしか利用出来ないんです。
申し込み時に登録した特定の車両でしか使用出来ないんですね。

 

会社の営業車両それぞれを登録すれば、一台ごとに管理が出来ます。

一台につき、一枚のETCコーポレートカードを作る事になります。

 

そうすれば月毎の明細書でどの車がいつ、どこへ行ったのか把握出来ますね。

ビジネスで使うのに適しているETCカードと言えます。

割引

 

ETCカード

通常のETC割引のみです。

 

 

ETCコーポレートカード

通常のETC割引をされたあとさらに高速道路使用量によって割引される。

高速道路使用量が多い場合にお得になる、大口・多頻度割引が受けられるんですね。

 

運送や宅配などの事業をしていて首都圏での高速道路の使用量が多い会社におすすめです。

 

参考記事
高速情報協同組合ETCコーポレートカードのメリット、デメリット

 

まとめ

一枚のカードを使いまわして、色々な状況で使いたい。

普通のETCカードであればそのような使い方が出来ます。

 

会社の車両を管理して使いたいので一台につき一枚のETCカードを作りたい。

高速道路を頻繁に使うので、大口・多頻度割引を受けたい。

 

となるとETCコーポレートカードの出番ですね。

 


 

経理 桐谷
いかがでしたか?状況によってどちらのETCカードを使えばいいかお分かりになったと思います。会社の業務で高速道路を頻繁に使う場合はETCコーポレートカードを検討してもいいですね。

 

関連記事↓

以上「ETCカードとETCコーポレートカードの違い」の記事でした。

      2018/04/19