法人ETCカード簡単審査で新会社でも作れる
法人ETCカードつかいこなし術

年会費無料のクレジットカード、作ったまま放置しても大丈夫?

最近のクレジットカードは年会費無料で、さらに入会キャンペーンでポイントが貰えるものが多いですね。

 

それにつられて作ってみたものの、作った後の2ヶ月間に月1回以上のカード使用がないとポイントが貰えないとわかり面倒くさくなって放置。
こんな人っていますよね。

 

年会費有料のカードですと放置した場合クレジットカード会社からは、毎年年会費を払ってくれるいいお客さんと思われるでしょうが、年会費無料のカードを作りっぱなしで放置したらどうなるんでしょうね。

 

なんか問題になったら困ると思うので調べてみました。

 

カード会社にとってどうなのか

たとえば年会費有料のクレジットカードを作って放置した場合、年会費だけは毎年引き落としになります。
カード会社からすると、これはこれでいいお客さんという事になって毎年カードは更新されます。

 

年会費無料のカードの場合はカード会社からするといい事はありません。

 

なんの利益も生んでくれないのに、もし保険が付いているカードなら、傷害保険など適用になる事故などのときは補償しなければいけませんし、カードの盗難にあって不正使用された場合の補償もしなければいけません。

 

こういう事からカードの更新月に次からは更新できませんという対応をするカード会社も当然ながらあります。

 

親カードの使用がまったくない場合で、一緒に作ったETCカードを使っていれば問題はありません。

年会費無料のクレジットカードをETCカード取得の目的だけで作った場合は当然ETCカードは使うでしょうから、引き落とし日に口座からETCカード使用分の支払いがあり、カードは使われている事にまります。

 

放置していて実際に問題が起きるケース

 

紛失・盗難で不正使用

放置しているという事はどこにしまったかわからないという状態であるかもしれません。
こういう状態ですと盗難にあったとしてもなかなか気がつかないでしょう。

 

カード会社によってはカードが利用される都度メールでお知らせをしてくれるところもあります。
でもそれがないところや、あってもそのサービスを拒否している場合(頻繁にメールが来るのが鬱陶しいなどの理油)は不正使用されても気がつきません。

 

また毎月引き落とし口座をチェックしている人なら大丈夫でしょうが、普段使わない口座に設定してあったりした場合は何ヶ月も気がつかないでしょう。
そんな場合は困った事になります。

 

カード会社は不正使用された場合の補償をしてくれますが、それは届け出があったときから60〜90日程度までの期間です。
それを過ぎたら補償はしてもらえません。

 

カード会社の規約には本人の管理に問題がある場合、補償は出来ないと明記されている事がほとんどです。
こういうケースはあきらかに本人の管理に問題があったと見なされるでしょうから残念ながら補償されない事がほとんどだと思います。

 

銀行の問題

こんなケースがあります。

 

一年以上使ってなかったカードで買い物をしました。
使ってはいなかったもののカード自体は更新されていて有効期限も問題ありませんでした。
以前に滞納した事もなくちゃんと引き落とし出来ていたカードです。
それなのに引き落としが出来ないという連絡がカード会社から来たんです。

 

これは銀行の方の問題で自動引き落としで長期間(通常は1年間くらい)引き落としがないと銀行は引き落とし契約を解除する事があるからなんです。

 

一年以上使わないとカード会社の問題ではなく銀行の問題で引き落としが出来ない場合もあるという事です。

年会費無料のカード、注意点

 

与信枠

クレジットカード会社は新規のカードの審査をする場合、その人の与信枠というものを考慮します。
与信枠とはその人の支払い能力の総量です。

 

新規にカードを作るたびにその人の与信枠は減っていきます。
つまり与信枠の総量が少ないと判断された場合はたくんさの枚数は作れません。

 

たとえ使ってないカードであっても与信枠の中には入っていますのでそのせいで新規のカード審査に通らなくなる可能性は出てきます。

 

そのためにはまったく使わないカードは解約する事をおすすめします。

年会費

よくあるのが年会費無料だと思って使っていたら、実際は初年度だけが無料で次の年度からは年会費を取られていたというケースがあります。

 

さらには使わないカードだからと放置していたところ、カード会社の都合で一方的に会員規約が変わってしまっていて、実は年会費を取られていたっていうケースもあります

 

その他、提携店で年一度でも使ったら年会費無料になるなどカードによって条件は違うので確認しておきましょう。

まとめ

 

更新がされずに解約となった場合、その情報はあなたの履歴(クレジットカードヒストリー)として残ります。

支払い延滞などがあったわけではないので(使ってないのだから)、大した問題にはなりませんが若干マイナス要素だとは言えると思います。

 

盗難にあった場合、気付きにくいというリスクもありますのでまったく使わないカードは解約しておいた方がいいとは思います。

 

使わないけど持っていたいというならば、せめて年一回使ってください。そうすれば年会費無料カードでも問題なく更新してくれます。

 

年会費無料なのにちゃんとした傷害保険などが自動付帯しているカードは貴重なので持っていた方がいいと思いますよ。

 


 

以上「年会費無料のクレジットカード、作ったまま放置しても大丈夫?」という記事でした。
気に入ってもらえたらシェアしてくれると嬉しいです。