法人ETCカード簡単審査で新会社でも作れる
法人ETCカードつかいこなし術

VISAデビットカードやJCBデビットカードではETCカードが作れない理由

visa_debit

 

世の中には様々な事情でクレジットの審査に通らずクレジットカードが作れない人がいます。

 

そしてクレジットカードが作れないためにそれに付帯するETCカードを持つ事が出来ないという人もいます。

 

一部の銀行を除いてデビットカードを作るのに審査はありませんので、どうしてもETCカードが必要な人ならクレジット審査なしで作れるデビットカードでETCカードが作れないものかと思うでしょう。

 

しかしデビットカードではETCカードは作れません。
なぜなんでしょう?そんなにETCカードは特殊なカードなんでしょうか。

 

今回はデビットカードではETCカードが作れない理由を書いてみます。

 

 

クレジットカードとデビットカードの違い

 

一般的にETCカードはクレジットカードの付帯カードです。

クレジットカードを作ると持つことが出きるのがETCカードです。

 

クレジットカードとデビットカードの大きな違いは信用取引かどうかという事です。

 

クレジットカードは信用取引。
デビットカードは厳密には違いますが信用取引に対しての現金取引と考えるとわかりやすいと思います。

 

具体的にレジでの支払いを考えると

 

クレジットカード

クレカイラスト

レジでクレジットカードで支払います。
その時点では決済されていない、つまりお金の移動はない。

 

カード会社にお金を借りてその場の支払いをしているという状態。
その時点では自分のお金は使っていないという事になりますね。

 

イメージとしてカード会社の人に「ここ払っといてね、後で返すから。」と言っているのと同じです。

 

要するに借金をしているわけです。
クレジットカードが本能的に嫌いっていう人はこういう形で借金をするのが嫌なんだとも言えますね。
たしかにこれでは現金を使う痛みを感じません。

 

クレジットカードを使ったキャッシング・カードローンも当然借金です。
ちゃんと自覚をしていないと多重債務になる危険もなくはないのですね。

 

デビットカード

デビットカード複数

レジでデビットカードで支払います。
その時点で銀行の口座からお金が引き出されて、その場の支払いにあてるわけです。

 

口座残高は確実にその時点で減っています。
つまり確実に自分のお金を使っている。

 

口座残高以上、つまり自分が持っているお金以上は使えません。

 

ある意味プリペイドカードも同じように考えられます。
チャージした金額した使えません。
レジで支払った時点でその金額だけなくなります。

 

 

このようにデビットカードは銀行キャッシュカードと同じで口座に残高がないと使えないんです。

 

クレジットカードは支払いのときには引き落とし口座がゼロ円でも使えます。
引き落としの日までに入金をしておけばいいわけです。

 

ですが、デビットカードは銀行の口座がゼロ円では使う事は出来ません。

 

ETCカードは信用取引

 

車載機にETCカードを挿入してETCゲートを通過するときには親カードであるクレジットカードの口座を照会しているわけではありません。

 

レジでクレジットカード払いをするのと同じように、形としてはカード会社からお金を借りて、ひとまず高速料金の精算をしたという事になります。

 

つまりETCカードは信用取引です。

 

仮にデビットカードからETCカードが作れたとするとETCゲートを通過するときには親カードであるデビットカードの口座を照会する必要がありますが、ETCの支払いシステムはそのようにはなっていません。

 

デビットカードからETCカードが作れない理由

 

  • デビットカードでは信用取引は出来ません。
  • ETCカードの支払いシステムは信用取引です。

なのでデビットカードの付帯カードとしてETCカードを作る事は出来ないんです。

 

まとめ

 

クレジットカードは支払いのときにお金を借りて引き落とし日に返すシステムです。

 

引き落としの銀行口座にお金がなくても買い物は出来てしまいます。
もちろん、後でちゃんとその分は返さなければいけません。

 

ちゃんとお金を返す人がどうかカード会社は見極めなければいけません。

それでクレジットカード審査というものがあるわけで、人によってはクレジットカードが作れない場合もあるんです。

 

それに対してデビットカードの支払いの時は自分の銀行口座から直接支払われることになります。

銀行口座に残高がなければ当然買い物は出来ません。

 

銀行口座を持っていれば誰でも作れるカードがデビットカードなんです。

 

クレジットカードが作れずにETCカードを持てない人からしたらデビットカードでETCカードが作れたら都合がいいでしょうが説明したようにシステム自体が違うので作れないのです。

 

補足

ETCカードを信用取引のシステムにした理由のひとつは安全のためだそうです。

 

口座残高が足りなくてETCレーンのバーが開かない、そのせいで急停止になって事故になる。

そういう事を防ぎたいという事のようです。

 

でもETCカードの有効期限が切れていたらETCレーンのバーは開かないんですけどね。

最近の車載器なら挿入したときに有効期限切れを知らせる警告音がなったりしますが初期のものではそれもありません。

 

これも結構危険なんじゃないのって思いますが・・・・

 


 

以上「VISAデビットカードやJCBデビットカードではETCカードが作れない理由」という記事でした。
気に入ってもらえたらシェアしてくれると嬉しいです。