法人ETCカード簡単審査で新会社でも作れる
法人ETCカードつかいこなし術

デポジット型のライフカードはクレジットカードの最終兵器


デポジット型のライフカードはクレジットカードの最終兵器です。

クレジットカードを作れない、いわゆるブラックな人。
カード会社など金融機関を相手に延滞を繰りかえし個人信用が地に落ちてしまった人ですね。

こういう人でも保証金を預ければ信用取引であるクレジットカードを発行してもいですよ、というのがデポジット型のライフカードです。

色々なカード会社で審査にことごとく通らなかった人でも作れる確率がかなり高い、つまりクレジットカードの最終兵器なんです。

デポジット型クレジットカードとデビットカードとの違い

お金を預けて使うカードならデビットカードみたいなものなのでしょうか?

デポジット型のクレジットカードとデビットカードの違いをみてみましょう。

デビットカード

デビットカードはプリペイド型のカード。前払い式なわけです。

銀行のデビットカードなら銀行口座に預けてあるお金で買い物をする。
つまり使った瞬間にその金額は口座から引き落とされていくのです。

デビットカードはあくまで「即時決済」。一部の携帯電話、プロバイダ、ガソリンスタンドなどの後払いの決済に対応していません。

 

デポジット型のクレジットカード

デポジット型のクレジットカードは後払い式。
使ったお金は一時的にカード会社が肩代わりをしている状態。

イメージとして借金をしているのと同じ(金利は発生していないので厳密には借金ではないのですが)

つまり口座にお金が入ってなくてもカードで買い物は出来る。
引き落とし日までに口座に入金しておけばいい。

普通のクレジットカードは信用取引。

あなたを信用しています。あなたは引き落とし日までには入金をしてくれる人です。
という信用で成り立っているのが後払い式。

それに対してデポジット型のクレジットカードは

あなたを信用していません。あなたは引き落とし日までには入金をしない可能性のある人です。
だから保証金を預からせてもらいます。

引き落とし日にお金が足りない場合はこの保証金から補填していきます。

これは「保証金を預けているから引き落とし日に足りなくても大丈夫」ではなく
足りなくて保証金に手がつけられた時点であなたはアウトです。

この時点でカード解約になる可能性は高いです。
(もちろん清算後、まだ保証金がいくらか残っていればそれは返金されます。)

クレジットカードヒストリー(クレヒス)はどうなる

毎月引き落とし日に請求額を引き落とし出来てていればクレヒスの履歴はプラスの情報が蓄積していきます。

引き落とし出来ない時があればマイナスの履歴として残ってしまいます。

元々貸し倒れの心配のある人だからデポジット型のクレジットカードしか作れないわけで、そこへマイナスの履歴が積み重なったらどうなるかわかりますよね。

ライフカードデポジットの受け取り方

ライフカードデポジットは配達されるものを受け取ります。
申込から1週間程で届くようです。
在籍確認の電話を受けることが必須

受け取るときに代引きで配達員に年会費と保証金を支払います。
スタンダードカードで105,400円(税込)です。

代引きでの支払い時に支払い証明を受け取ります。

この支払い証明は受け取ったライフカードデポジットに同梱されている「保証金のお預かりについて」という書類と一緒に大切に保管しておいてください。

これがなくても保証金の返金はされるようですが念のため保管しておきましょう。

保証金は最初に預けたまま解約するまでは預けっぱなしです。
2回目以降の年会費は口座から引き落としで支払われます。

しかしは最初は代引きで現金と引き換えじゃないとカードが受け取れないなんて、どんだけ信用されてないんじゃ、と思います。
でもそれだから信用のない人でも持てるクレジットカードなんですね。

公式サイトでチェック→ライフカード

最終兵器だが起死回生のカードでもある

信用情報がブラックな人でも過去にライフカードで金融事故を起こしたという人でなければ、お金を預ければ作る事の出来る最終兵器のようなクレジットカードがライフカードデポジット。

・・・なのですがライフカードデポジットを使って毎月、問題なく引き落としが続けば、それは信用情報には確実にプラスに働きます。

信用を積み重ねていけば「デポジットではなく普通のカードを作りませんか」というメールが来る可能性は多いにあるのですよ。
まさしく起死回生のクレジットカードといえるのです。

デポジットではない普通のライフカードの記事はこちら

逆に何度も滞納するような事があれば完全アウトです。すくなくとも5年はクレジットカードを持てなくなるでしょう。

ライフカードデポジットのスペック

ゴールドカード     スタンダードカード

ライフカードデポジットはスタンダードカードとゴールドカードの2種類。
そのスペックをみていきましょう。

カードブランド


カードブランドはMatercardしかありません。
しかしMatercardは使えない場面はほとんどないでしょう。

年会費

先ほど紹介したとおり、初回の年会費は代引きで現金で支払います。
2回目以降は引き落とし口座が支払われます。

ライフカードスタンダード(Dp) 5,400円(+消費税)
ライフカードゴールド(Dp) 10,800円(+消費税)

(Dp)=デポジット型

初回には年会費と保証金を現金で支払らわなくてはいけません。

年会費  保証金  初回支払い総額
ライフカードスタンダード(Dp)  5,000円(+消費税)  10万円  105,400円(※)
ライフカードゴールド(Dp)  10,000円(+消費税)  20万円  210,800円(※)

※消費税8%として

なかなか大変ですね。

一括払いのみ・キャッシングなし

普通のクレジットカードのように分割払い・リボ払いはできません。

キャッシングも国内・海外問わずできません。

ETCカード

クレジットカードが作れない、いわゆるブラックな人たちはETCカードが持てませんでした。

ETCカードはデビットカードのようなプリペイド型の支払い形式にしてしまうと問題がありました。
口座の残高がない状態でETCカードレーンを通過した場合ゲートが開かず事故になる可能性がるのです。

そのためETCカードは後払い式であるクレジットカードが引き落としカードでないとだめなのです。

ライフカードデポジットはクレジットカードそのものなのでETCカードが作れます。
ETCカード年会費無料です。

クレジットカードが作れずにETCカードが作れなかった人たちはETCパーソナルカードという保証金(デポジット)を支払って使う特殊なETCカードを作るしか方法がなかったのですが、その問題もライフカードデポジットの登場で解決します。

 

その他の追加カード

家族カード、ガソリンカードのような追加カードはライフカードデポジットにはありません。

電子決済ツール

ライフカードデポジットはApple payにのみ対応しています。

付与ポイント

通常のライフカードと同じポイントが貯まります。(LIFEサンクスポイント)

通常のライフカード同様、誕生日月は3倍。
前年度の利用金額によって倍率のかわるポイントアップ制度にも対応しています。

還元率も通常のライフカード同様、1.000円使うと1ポイント(5円相当)がもらえます。
1.000円に対しての5円は0.5%なのでポイント還元率は0.5%になります。
還元率は0.5%は最近のクレジットカードでは最低水準です。

付帯保険

スタンダードカード

海外旅行傷害保険  最高2,000万円
国内旅行傷害保険  最高2,000万円

ゴールドカード

海外旅行傷害保険  最高1億万円
国内旅行傷害保険  最高1億万円

さらに同行した家族に対しても補償されます。海外・国内最高1,000万円

ショッピング保険 年間補償限度額200万円(ゴールドのみ)
シートベルト傷害保険
カード会員保証制度

まとめ

ライフカードデポジットはクレジットカードの最終兵器です。
保証金が補填されるから、キツイときは引き落とし口座に入金しなくても大丈夫などと思っていたらアウトです。

引き落としが出来なかった事実はあなたの個人信用情報に残ってしまいます。
ライフカードデポジットが解約になってしまったら、この先クレジットカードが永遠に使えないという心構えでいてください。
 
公式サイトでチェック→ライフカード
 


以上「デポジット型のライフカードはクレジットカードの最終兵器」という記事でした。
気に入ってもらえたらシェアしてくれると嬉しいです。