法人ETCカード簡単審査で新会社でも作れる
法人ETCカードつかいこなし術

ダイナーズクラブカード

世界で一番古い歴史を持つカード、それがダイナーズクラブカードです。

とにかくステイタスが高いというイメージを持っていますね。

年会費も22,000円(税別)と高いです。

ダイナーズクラブカード

 

発行条件:27歳以上

 

ご入会後、3ヵ月以内にショッピングでカードを25万円以上ご利用いただくともれなく、マイサインキット※または15,000ポイントプレゼント

2017年2月1日〜5月31日の申し込み

年会費 22,000円(税別)

家族カード:5,000円(税別)

発行手数料 無料
ETCカード年会費:無料

本カード一枚につき発行できるETCカードは5枚(2017年3月から)

使用出来る車両 車両の限定はありません。
レンタカー
従業員の車
でも利用できます。
備考
  • 海外旅行傷害保険:最高保証額1億円
  • ショッピング保険(海外・国内)
  • 海外ホテル・レストランでの特別割引・優待
  • コールセンター24時間

ETCカードが5枚まで作れます。

よくあるようにETCカードが本カード一枚につき一枚しか作れないのは複数の車を所有する人からするとデメリットですね。

(アメックス、セゾンなどでは5枚まで作れますけど。)

 

※マイサインキット

オリジナルのサインをデザインしてくれるサービス。

お気に入りのデザインになるまで修正ができ、完成すると、書き方を説明するCD-ROMが送られてくる。

 

ビジネス・アカウントカード

ダイナーズクラブカード本カードに追加で作る事ができるビジネス用カード。

本カードとは別に法人口座を設定出来る。

プライベートとビジネスを分けて使いたい人向け。

 

年会費:2,000円(税別)

 

わたしみたいな個人事業主にはありがたいカードです。

法人向けのクレジットカード(法人カード)を申し込まなくても法人口座を引き落とし先に出来るビジネスカードが持てるわけです。

プライベートとビジネス、同じクレジットカードにしていると確定申告のときの経費で苦労しますよ。

 

 


 

ダイナーズクラブカード公式サイトはこちら↓

 

 

      2017/08/24