法人ETCカード簡単審査で新会社でも作れる
法人ETCカードつかいこなし術

エネオスカード徹底解説

 

車を頻繁に使う人にとってはぜひ使いたいのがガソリンカード

今回は石油系カードで会員数NO.1を誇るエネオスカードを取り上げます。

タイプが3種類あるので、状況に応じてどのカードを選択すればいいのか、審査基準はどうか、ロードサービスは?などを比較・検討します。

 

エネオスカードスペック

今回取り上げるのはトヨタファイナンス発行のJCBブランドで、次の3つのタイプがあります。

  1. エネオスカード C:キャッシュバックタイプ
  2. エネオスカード P:ポイントタイプ
  3. エネオスカード S:スタンダードタイプ

エネオスカード タイプC

 ENEOS CARD C(キャッシュバックタイプ)

毎月のカードご利用金額に応じて、 ガソリン、軽油が最大7円/リットル引き! 日々の暮らしの中で使えば使うほどガソリン代がお得!

ENEOSカードCはここがいい!

毎月のカード利用金額に応じてガソリン・軽油が最大7円/リットル引きになる。

 

 

カード利用金額は買い物、レストランの支払いなどでもカウントされるので7万円以上でリッターあたり7円引きも達成できそうです。

ただし、月に150Lまでという制限のためにキャッシュバックは最大でも7円×150L=1,050円までになります。

この点を考量すると月2万円前後の利用が還元率としていいようです。

 

キャッシュバックタイプなのでポイントは貯まりません。

 

公式サイトで申し込む↓
ENEOSカード

エネオスカード タイプP

 

 

ENEOS CARD P(ポイントタイプ)

カードを使えば使うほどポイントが貯まる! ENEOSサービスステーションなら 最大3%ポイント還元! 給油はもちろん、洗車やオイル交換などでも ポイントが貯まる!

ポイント

(ENEOSスタンドでの使用)

ガソリン・軽油・灯油

1,000円=30P(3.0%)

カーメンテ用品

1,000円=30P(3.0%)

ポイント

(一般JCB加盟点)

買い物、レストランの支払いなど

1,000円=6P(0.6%)

ポイント交換先 キャッシュバック・Tポイント・JALマイル・ANAマイル・各種商品券、商品など

ENEOSカードPはここがいい!

カードを使えば使うほどポイントがたまる!ENEOSなら最大3%ポイント還元!

 

ENEOSスタンドでの使用はガソリン代だけでなく、洗車やオイル交換、カーメンテナンス用品等のほか、車検やバッテリー交換、タイヤ交換なども対象になります。1000円ごとに30ポイント

JCB加盟店での買い物、レストランの支払いなどでも1000円ごとに6ポイント

上限はないので使えば使うほどポイントは貯まります。

公式サイトで申し込む↓
ENEOSカード

エネオスカード タイプS

 

 

ENEOS CARD S(スタンダード)

年1回のカードご利用で年会費無料! ガソリン・軽油はいつでも2円/L引き! ドライブのお守り代わりにこの1枚!

ポイント

(ENEOSスタンドでの使用)

 

カーメンテ用品

1,000円=30P(3.0%)

ポイント

(一般JCB加盟点)

買い物、レストランの支払いなど

1,000円=6P(0.6%)

ポイント交換先 キャッシュバック・Tポイント・JALマイル・ANAマイル・各種商品券、商品など

ENEOSカードSはここがいい!

ガソリン・軽油はずっと2円/リットル引き!灯油は1円/リットル引き!

 

ENEOS CARD S(スタンダード)は年に1回以上のカード利用で年会費無料になります。

 

公式サイトで申し込む↓
ENEOSカード

各カード共通スペック

年会費 初年度無料
2年目以降1,250円(税抜)タイプSのみ年1回以上利用で無料
家族カード年会費 無料
ETCカード 無料
ロードサービス 24時間365日受付

レッカー移動(10Kmまで無料)、路上における修理(30分以内無料)

電子マネー QUIC Pay(専用カード、モバイル、一体型から選べる)
その他のサービス カーコンビニ倶楽部での修理代5%OFF
オリックスレンタカー10%OFF
エネオスカード アプリ iphone、Androidのスマートフォンやタブレットで利用できる「エネオスカード アプリ」が無料で提供。

 

年会費、ETCカード費用

 

初年度は無料ですが、2年目以降から1,250円かかります。

タイプS(スタンダード)だけ一回でも使えばその年の年会費は無料になります。

家族カード、ETCカードはずっと無料です。

 

JAFいらずのロードサービス

電話1本でレッカー車が来てくれて支払いもエネオスカード

24時間365日受付けてくれるサービスです。

・レッカー移動(10Kmまで無料)

・路上における修理(30分以内無料)

 

一般にJAFのロードサービスが有名ですが、年会費4000円かかります。

エネオスカードなら初年度無料、2年目以降は1,250円(税抜)、さらにタイプSなら年1回以上利用で無料です。

 

レッカー移動が10Kmを超えたなど無料の範囲を超えた場合の支払いもそのままエネオスカードで出来ます。

電子マネー

 

後払い式電子マネー QUIC Pay(クイックペイ)が使えます。

Suicaなどと同じでかざすだけで支払いが出来ます。

 

3つのタイプから選ぶようになっています。

モバイル

(携帯電話タイプ)

おサイフケータイとして使用。

  一体型カード

ENEOSカードクイックペイが一枚に。

  専用カード

ENEOSカードクイックペイ専用カードを別々に持つ。

 

エネオスカード アプリ

 

iphone、Androidのスマートフォンやタブレットで利用できる「エネオスカード アプリ」が無料で使えます。

  • 利用明細・ポイント残高参照
  • ロードサービスに素早く連絡
  • お得やキャンペーン情報配信
  • お役立ちナビで渋滞情報や天気情報が見れる
  • カード紛失・盗難連絡が素早くできる

なかでも「ロードサービスに連絡」はバッテリーあがり、鍵の閉じ込め、パンクなどの際、GPS機能でこちらの場所がわかるのでトラブル時にアプリを起動、連絡で素早い対応を期待出来ます。

 

どのカードを選ぶか

 

 ENEOS CARD C(キャッシュバックタイプ)は月の上限が150Lまでという制約があるため、いまいち魅力に欠けるカードです。

 

一ヶ月に使うガソリン代で判断すると

  • 1万円未満ですむならENEOS CARD S(スタンダード)
  • 1万円以上で、洗車、オイル交換などもENEOSスタンドでやってしまおうという場合はENEOS CARD P(ポイントタイプ)

クレジット審査は厳しいのか?

 

マイカー利用者をターゲットにしているエネオスカードは、一般的な基準からいうと低めの審査基準になっているようです。

 

ですが・・・電話による在籍確認や個人信用情報の照会なども普通にしますので、過去にカード会社と問題を起こしたような人は当然審査に落ちる可能性はあります。

 

クレジット審査に自信のない人は申し込むときにキャッシング枠をゼロ円に設定してショッピング枠以外では使いませんというアピールをしたほうがいいと思います。

まとめ

 

ENEOSのスタンドによく行く方であれば作っておいた方がいいカードです。

後払い式電子マネー QUIC Pay(クイックペイ)にしておけば使い勝手がいいですし一般のお店で使ってもポイントが貯められます。

「エネオスカード アプリ」を使ったロードサービスも困った時にはかなり役に立つアイテムです。

 

公式サイトで申し込む↓
ENEOSカード

 


 

以上「エネオスカード徹底解説」という記事でした。

      2017/10/11