法人ETCカード簡単審査で新会社でも作れる
法人ETCカードつかいこなし術

ETCカードを作るのにクレジットカードは必要か?

 

ETCカードの作り方として一般的な方法は、まずクレジットカードを作る事なんですが、申し込みが面倒臭い、クレジットの審査が不安だ、そもそも買い物は現金だ、などクレジットカード自体が嫌いな人がいます。

 

一方ではETCカードがどうしても必要なのでクレジットカードをすごく作りたいけど、色々理由があって作れない人もいます。

 

ETCカードを手にいれるにはクレジットカードを作らないといけないのか?

 

結論から言いますとクレジットカードを作らなくてもETCカードを作る方法はあります。
ただ手間とお金はかかります。

 

今回の記事ではETCカードとクレジットカードの関係を解説していきます。

 

クレジットカードを作らないとETCカードは作れないのか

 

クレジットカードを作らずにETCカードを作る方法はあります。

 

  • ETCパーソナルカード
  • 協同組合に加入して作る法人ETCカード

 

ETCパーソナルカード

保証金を預けてそれを担保としてカードを作る。
金融機関とトラブルを起こした事のある、いわゆる「ブラックな人」や債務整理をしてクレジットカードが作れない人でも作れるETCカードです。

保証金は最低で2万円からですが、月の利用料によっては結構な額になってしまいます。

 

協同組合に加入して作る法人ETCカード

組合が支払い保証をしてくれる。

 

法人・個人事業主の場合、個人向けのクレジットカードではなく法人向けクレジットカード(法人カード)を使った方がいいのですが、この法人カードの審査が厳しいんです。
まだ業績のない設立したての会社や信用力のない個人事業主などは、厳しいクレジット審査に通らずに法人カードが作れない事が多いんです。

 

そんな立場の弱い事業者でも協同組合に加入する事によって組合が支払い保証をしてくれて、カード会社と提携して作っている法人ETCカードが使えるようになっています。

関連記事

 


 

しかし、この二つの方法、一般の人には関係ありません。
あくまで、なんらかの理由でクレジットカードが作れない人にとってのETCカードの作り方なんです。

 

最近のクレジットカードは以前と比べるとだいぶ作りやすくなっていて、学生、主婦でも作れます。
申し込みフォームの職業欄の選択項目には「学生」も「主婦」ものっています。

クレジットカードを作ってETCカードを作るという一般的なやり方をまずトライするべきです。

 

クレジットカードを作らないとETCカードは作れないのか
と聞かれれば、その答えはNOです。

 

ですが、クレジットカードを作らずにETCカードを作るのはそれなりのコストがかかるのです。

 

なるべくなら、お金をかけたくない

 

ETCカードを作るのに、まず試すことはクレジットカードを作るという事がわかっていただけたと思いますが、「僕(わたし)はETCカードが欲しいだけなんでクレジットカードはなんでもいいや」とお考えじゃないでしょうか。

 

ちょっと待ってください。
クレジットカードも色々なものがあるんです。
特に目的はETC カードなのでクレジットカードはそんなに使わないという人、どうせならカードを作るのにお金がかからない方がよくないですか。

 

クレジットカードには年会費がかかるものがあります。
そしてETCカードはクレジットカードの申し込み時、または作成後に追加カードとして申し込みます。
そのETCカードにも年会費がかかるものがあるんです。

 

よく調べて、クレジットカードの年会費だけでなくETCカードの年会費も無料のカードを選んだほうがいいですよね。

 

例えば「楽天カード
作りやすいいカードなんですが、ETCカードは年会費が540円かかってしまいます。

年会費無料の⚪︎⚪︎カードというのはよくあるんですが、よく見ないとETCカードは年会費がかかるものがあるんです。

しっかりと調べて、クレジットカード、ETCカード、両方とも年会費無料のカードを選びましょう。

 

関連記事

 

どうせ作るなら特典が付いているものを

 

WEBからの申し込みの場合カード会社は人件費を節約出来ます。
その分をキャンペーンで申し込み者に還元してさらに申し込みを増やそうとします。
こういったキャンペーンをうまく使うと、かなりまとまったポイントが貰えて、ちゃんとした商品と交換できたりします。

 

どうせ作るなら、ちょっとしたお小遣いが稼げるようなキャンペーンをやっているカードにした方がいいですね。

 

カード会社はなんとか自分のとこのカードを作ってもらおうといろんな特典をつけてきます。
これを利用しましょう。

 

どうせ使うならポイント還元率の高いカードがいい

 

せっかくクレジットカードを作るのなら「ETCカードしか使わないから持ち歩かないよ」なんて言わずに積極的に使った方が色々お得なんですよ。

 

コンビニやスーパーでクレジットカードが使えないところはありません。

毎日の買い物にクレジットカードを使い出して、それに慣れてくると、それまでのように現金を出して買い物をするのが面倒になってきます。

 

そしてクレジットカードを使うとポイントが貯まります。
貯まったポイントは商品と交換出来ます。
これが結構ばかにならないんです。

 

このポイントは一律ではなくカードによって違いますし、どこで使ったかによっても違ってきます。
さらに貯まったポイントをどこで使うかによっても違いはあります。

カードを使った額に対して、より多くのポイントをゲットできるカードをポイント還元率の高いカードといえますが、こういったこともカードを選ぶ時の基準になりますね。

 

申し込んでから手にするまで

 

最近のWEBからの申し込みは簡単ですよ。
免許証や保険証のコピーが必要な場合でも写メを撮って添付ファイルで送ってしまえる場合もあります。
10分もかからずに手続き終了であとは審査の結果メールを待つだけです。

 

審査完了メールがくれば、あとはカードが郵送されてくるのを待つだけです。
肝心のETCカードも申し込み時に一緒に申し込んでおけば、これも郵送されてきます。

郵送されてくる場合は1週間程度と思っていればいいと思います。

 

即日発行のカード

 

どうしてもその日に欲しい場合は店舗カウンターに取りにいけるタイプのカードを申し込んでください。
エポスカード、セゾンカードなんかがそうですね。
セゾンカードはETCカードもその日のうちに手に入ります。

関連記事

まとめ

 

ETCカードを作る一般的な方法は、まずクレジットカードを作る事です。

クレジットカードを申し込まなきゃいけないんだ、なんか面倒臭いなぁ」と感じましたか?
クレジットカードは審査があるのかぁ、不安だなぁ」と思いましたか?

 

WEBからの申し込みをしれみれば、その簡単さにびっくりしますよ。
「わたしはETCカードを手にいれるのがメインの目的だからクレジットカードは使わない」などとは言わないで、毎日の買い物に使ってみてください。
結構ポイントって貯まるもんですよ。
慣れてくれば、「あ、現金が足りないからATMでおろさなきゃ」っていう手間がなくなるのがいかに便利か感じると思います。
ぜひお試しあれ!

 


 

以上「 ETCカードを作るのにクレジットカードは必要か?」という記事でした。

      2017/08/30