法人ETCカード簡単審査で新会社でも作れる
法人ETCカードつかいこなし術

クレジット審査なしガソリンカードはこちら

ETCコーポレートカード、NEXCOに直接申し込む?それとも協同組合を通す?

高速道路

ETCコーポレートカードは高速道路を使用する頻度の高い事業者用のETCカード。

 

高速道路の利用量が増えるほどに割引率もあがっていくので月に数万円以上使う人にとってはマストアイテムと言えます。

 

逆にたまにしか使わないと何の得もないので一般の人には関係のないカード。

 

このETCコーポレートカード、作り方はNEXCO(道路会社)に直接申し込むやり方と協同組合を通して申し込むやり方があります。

 

協同組合の出資金が気になっていまだに導入を検討中の方、それぞれのメリット・デメリットを紹介していきますので参考になさってください。

 

おさらい、普通のETCカードとの違い

 

まずは普通のETCカード、ETCコーポレートカード、それぞれの違いを見ていきましょう。

 

 

普通のETCカード ETCコーポレートカード
発行体 クレジットカード会社 道路会社(NEXCO)
審査 クレジット審査あり 審査なし
支払い 一ヶ月分を口座から引き落とし 一ヶ月分を口座から引き落とし
使える車両 どんな車でも大丈夫 登録した特定の車両のみ
年会費 カード会社によってさまざま

年会費無料の場合もあり

617円

 

一般的なETCカードの作り方はクレジットカードを作り、それに付帯するETCカードを作るという流れになります。

 

それに対してETCコーポレートカードはクレジットカードを作りません。

ETCコーポレートカードだけを作ります。

 

ETCカードとしての大きな違いは「使える車両」

 

普通のETCカードはどんな車でも使えます。

レンタカー・カーシェアリングの車・マイカー・社用車、なんでも大丈夫。

 

ETCコーポレートカードはカード申し込みの時に登録したその車両のみです。

 

割引による違い

 

普通のETCカード ETCコーポレートカード
休日割引  あり  あり
深夜割引  あり  あり
平日朝夕割引  あり

(要ETCマイレージ登録)

 あり
NEXCO東/中/西日本の大口・多頻度割引き  なし  あり
首都高・阪神高速の割引  なし

(ETCマイレージ登録すれば8号京都線だけはあり)

 あり
ETCマイレージ  登録出来る  登録出来ない

 

二つのカード共通の休日、深夜、平日朝夕割引以外の割引は

 

  • NEXCO東/中/西日本の大口・多頻度割引き
  • 首都高・阪神高速の割引
  • ETCマイレージ(要登録)

以上の三つで、

NEXCO東/中/西日本の大口・多頻度割引き、首都高・阪神高速の割引はETCコーポレートカードだけ。

ETCマイレージ(要登録)は普通のETCカードだけとなっています。

 

たとえばNEXCO東/中/西日本を利用する場合はETCマイレージでは最高で10%まで。

それに対しETCコーポレートカードは最高で20%まであります。

 

また首都高・阪神高速(8号京都線を除く)の割引を受けられるのはETCコーポレートカードだけです。

 

とにかく高速道路の利用が多い事業者は経費削減のためにETCコーポレートカードを使ったほうが有利ですが、首都高・阪神高速を頻繁に使うのであればETCコーポレートカードはマストアイテムでしょう。

 

補足

⚫︎ETCコーポレートカードの契約単位割引

 

ひとつの法人・事業者全体での利用額が大きければ、さらに5~10%の契約単位割引があります。

 

しかし道路会社ごとに額が違うのですが、NEXCO東/中/西の場合で会社単位の一ヶ月の利用額が500万円以上かつ車両一台につき3万円以上という条件があるので、規模の大きな会社以外関係ないでしょう。

 

 

 

⚫︎ETCコーポレートカードだとETCレーン内での制限速度オーバーで警告書が届く

 

ETCレーン内での制限速度オーバーした車両はカード番号がわかります。

 

普通のETCカードであれば、管理はクレジットカード会社で、その親カードの所有者の情報までNEXCOでは追跡できませんが、ETCコーポレートカードはNEXCOが発行しているカードです。

 

発行の際は特定の車両をNEXCOに対して登録します。

 

なので制限速度オーバーした車両を特定できてしまうのです。

 

この警告を何回も受けてしまうと割引きをしてもらえなくなったり、最悪はカード停止になってしまいます。

 

ETCレーン内制限速度20kmに対して、20kmオーバーの40km程度からが対象のようですが、ETCレーン内での事故も少なくありません。

制限速度20kmを守りましょう。

 


 

 

ETCコーポレートカードについてもっと知りたいという方はこちらの記事で

NEXCOに直接申し込む作り方

 

ETCコーポレートカード

ETCコーポレートカードを発行しているのはNEXCOなので、そこへ直接申し込んで作る事ができます。

メリット

個人でも法人でもとにかく誰でも作れる

 

特に主婦やサラリーマンがETCコーポレートカードを作ろうと思ったらNEXCOに直接申し込む方法しかありません。

 

後述の協同組合で作る場合は個人事業主・法人限定のため。

デメリット

申し込みの手続きが面倒

 

ネット上のフォームで申し込むことが出来ないので申込書を電話をかけて郵送してもらうか、NEXCOのホームページでダウンロードをしないといけません。

 

 

 

支払い保証が必要

 

次の二つのうちどちらかが必要です。

  • 金融機関が発行した保証書
  • 保証金の預託

保証書

銀行や信用金庫に連帯保証人になってもらうという事なので普通の個人では難しいでしょう。

 

保証金

使う予定の利用料金の4ヶ月分の金額で最低額が10万円。

 

このふたつとも結構厳しいですよね。

協同組合を通して申し込む作り方

全国にETCコーポレートカードを扱っている協同組合はたくさんあって、組合に加入するとそこの組合員としてETCコーポレートカードを使えるようになります。

 

その場合のNEXCOから見た関係は⚫︎⚫︎協同組合の⚪︎⚪︎さんという事になります。

直接の支払い先は協同組合ですがNEXCOから協同組合経由でETCコーポレートカードを貸してもらっているという形です。

メリット

支払い保証はいらない

 

まずはNEXCOに対する協同組合の申し込みという形になっているので支払い保証は組合がやってくれます。

 

NEXCOから見た関係は「⚫︎⚫︎協同組合の⚪︎⚪︎さん」という事なので「⚪︎⚪︎さん」は支払い保証の必要はないのです。

 

NEXCOからすると料金を払うのは協同組合、「⚪︎⚪︎さん」がちゃんと協同組合に支払いをするかどうかは関係ないという事です。

デメリット

法人・個人事業主でないと作れない

 

協同組合に加入するには法人または個人事業主である必要があるからです。

 

初期費用がかかる

 

組合に加入する事が条件なので出資金を出して組合員になります。

ほとんどの組合の出資金は1万円。

これは脱退時には返金されますが初期費用として用意しなくてはいけないお金です。

結局どちらで作るのがいい?

 

見てもらえばわかるようにNEXCOに直接申し込むメリットは少ないです。

 

直接申し込む場合の支払い保証のうち金融機関が発行した保証書が用意出来る十分に業績のある企業は協同組合を通す意味はありません。

 

それ以外の中小企業・個人事業主ならば直接申し込む場合の高い保証金を出すより出資金1万円を預けて組合で作ったほうがいいと思います。

(直接申し込む場合の高い保証金も協同組合の出資金も後々返金されるお金ではありますが)

 

補足

ETCコーポレートカードを扱っている協同組合はたくさんあるのですが、現状で一番大きな組織「高速情報協同組合」を推薦します。

 

加入している事業者も1万社を超えていて信用度は高いと思います。

 

ネットから申し込みが出来てカードを手にするまで最長でも2週間程度です。

 

関連記事

 


 

以上「ETCコーポレートカード、NEXCOに直接申し込む?それとも協同組合を通す?」という記事でした。
気に入ってもらえたらシェアしてくれると嬉しいです。