法人ETCカード簡単審査で新会社でも作れる
法人ETCカードつかいこなし術

ゴールドカードを年会費永年無料で作るにはインビテーションが必要です

 

一般的なクレジットカードを使いなれてくると一段上のステイタスが欲しくなってくるものです。
ゴールド、プラチナ、プレミアムとランクが上がっていって、ブラックなどは年会費何十万もかかります。

 

まずは一段上のゴールドカードからと思いますが、それでも結構年会費は高くて平均で1万円前後。
毎年払う年会費ですから安い方がいいのですが、一番安い楽天ゴールドカードでも2.000円かかります。

 

しかし年会費無料で作れるゴールドカードもあるんです。
それには条件があって、それがインビテーション(招待)なんです。

 

インビテーションがあると作れるゴールドカード、どういう事なんでしょう、詳しく解説していきます。

 

インビテーション(招待)とは

 

あなたはクレジットカードを使っていますか?

クレジットカードを作って定期的に利用していると、半年後、1年後などにアップグレード出来る事をお知らせするメールが来る場合があります。

 

このようにカード会社からカードのアップグレードが出来る事を通知される、つまり一段上のステイタスに招待される事をインビテーションといいます。

 

ただカードを作って半年、一年たったからといってインビテーションは来ません。

定期的に使っている事が大事なのです。

使っている額も考慮されています。

カードによりますが、年間で50万円以上使っていると対象になる場合、一度に50万円の買い物をしてその後は一切使わない、というような使い方ではダメでコンスタントに使っていて、かつ支払いの延滞がないという人がカード会社からは好まれます。

 

つまりカード会社からすると、この人に今後もカードを使わせても大丈夫だという信用を得るという事なんです。

 

ゴールドカードですと、インビテーションなしでも作る事は出来ますがプラチナ・ブラックなどランクのカードはインビテーションなしでは作れません。

 

インビテーションで年会費永年無料になるゴールドカードがある

 

ゴールドカードはインビテーションなしでも正規の年会費を払えば作れるカードが多いのですが、インビテーションを受けると年会費永年無料で使えるゴールドカードがあるんです。

 

  • イオンゴールドカード
  • エポスゴールドカード

注)イオンゴールドカードはプラチナ・ブラックみたいにインビテーション(招待)でしか作れないカードです。

 

 

イオンゴールドカード エポスゴールドカード
年会費(招待時) 永久無料 永久無料
年会費(申し込み時) 招待制のみ。 インビテーションではない場合、

5,000円+税。前年度50万円以上利用で次年度年会費無料。

国際ブランド VISA VISA
ショッピング保険 最高300万円 なし
海外旅行傷害保険 最高3,000万円
(自動付帯)
最高1,000万円
(自動付帯)
国内旅行傷害保険 最高3,000万円
(利用付帯)
なし
空港ラウンジ 羽田空港に有 国内7空港、海外2空港
ラウンジサービス 全国のイオン店舗にあるイオンラウンジが利用できます。 なし

 

イオンゴールドカード

イオンゴールド

イオンカード、またはイオンカードセレクトを使い続けているとインビテーションで作れるカードです。

このカードはインビテーションがないと作れません。

 

イオン系列店で累計60万円以上の利用があるとインビテーションが受けられます。

イオン系列店以外での利用だと100万円以上の利用が条件になります。

 

イオンゴールドカードメリット

  • 家族カードが最大で3枚、発行は無料。
  • AEON MALLのラウンジが使える。

親カードと同じ仕様のカードを生活を共にする家族であれば3枚まで追加で作れます。

 

イオングループのショッピングセンターAEON MALLには、ゴールド会員限定の専用ラウンジがあります。
ラウンジ内はドリンクサービスのほか、雑誌や新聞も読み放題、パソコンの使用もすべて無料。

エポスゴールドカード

エポスゴールド

エポスカードのワンランク上のカードです。

このカードはインビテーションがなくても年会費5.000円で作る事が出来ます。

 

でもインビテーションで作れば、ず〜っと0円で使う事が出来るんですよ。

年間30〜50万円程度の利用でインビテーションが受けられるようですが、最近は入会して半年で20〜30万円程度の利用でもインビテーションを受けている人がいるそうです。

 

エポスゴールドカードメリット

  • エポスポイントの有効期限が無期限になる
  • 海外旅行傷害保険が最高1,000万円まで自動付帯

一般のエポスカードのポイントは有効期限が2年間です。

ゴールドカードは有効期限がないので、ずっとため続けることができるんです。

また、年間の利用額に応じてボーナスポイントをもらえて、年間利用額50万円以上で500ボーナスポイント(2,500円相当)が特別付与、年間利用額100万円以上だと2,000ボーナスポイント(10,000円相当)が付与されるんです。

光熱費・携帯代などの必要生活費の支払いにも使うと達成出来そうですね。

 

カードを作った時点で自動で海外旅行障害保険が最高1.000万円まで付いてきます。

 

エポスゴールドカードデメリット

家族カードを作ることが出来ません。

インビテーションを受けるには

 

インビテーションを受けるには、ただ一般ランクのカードを定期的に使っていればいいというものではありません。

グレードアップのためのインビテーションを受けられるカードを選ばなくてはいけません。

 

インビテーションの対象になっていないカードでは何年使っても、どれだけの金額を使ってもず〜っとインビテーションは来ませんよ。

 

JCBの例)

 

JCB一般カード

JCB CARD EXTAGE

→JCBゴールド →JCIBゴールド・プレミア
YahooJapan

ディズニーJCB

ビッグSuica

リクルート

 

インビテーションは受けられない インビテーションは受けられない

 

同じJCB系列のカードでもインビテーションを受けてJCBゴールドさらにJCBゴールド・プレミアにグレードアップ出来るのはJCB一般カード・JCB CARD EXTAGEだけなんです。

 

今回の年会費無料で使えるゴールドカードのインビテーションを受けるには

イオンカードまたはイオンカードセレクト

イオンカード

エポスカード

エポスカード

これらのカードを使ってインビテーションを待たなくてはいけません。

インビテーションを受けたら注意する事

 

インビテーションのお知らせが来るという事はカード会社のアップグレード審査に通っているという事です。

せっかくなので大事にしましょう。

 

次の2点に注意です。

  • 急に新しいカードを申し込んだり利用枠を増やしたりしない。
  • とにかく支払いの滞りには気をつける。

別のカード会社であっても金融機関どうしが情報を共有しているので新しいカードを何枚も作ろうとしたり利用枠を増やしたりすると警戒されます。

支払いの延滞などが出て来ればせっかくのアップグレード審査通過が帳消しになってしまう事もあります。

 

まとめ

 

将来的に年会費永年無料でゴールドカードを使いたいなら今回紹介した、イオンゴールドカード、エポスゴールドカードがおすすめです。

 

そのためには、まずイオンカードまたイオンセレクトカード、エポスカードを作って定期的に利用してください。

 

エポスカードだとカードを作って半年で20〜30万円程度の利用でもインビテーションを受けているという情報があるので、条件はゆるいかも知れません。

 

カードお申し込みはこちらから↓
イオンカード(WAON一体型)

イオンカードセレクト

エポスカード公式サイト

 

 

関連記事↓

 


 

以上「ゴールドカードを年会費永年無料で作るにはインビテーションが必要です」という記事でした。