法人ETCカード簡単審査で新会社でも作れる
法人ETCカードつかいこなし術

はたらくクルマの自動車保険、ネットで申し込める法人自動車保険は希少価値あり

「はたらくクルマの自動車保険」?聞いたことないな。
ネットで申し込める営業車の任意保険ってここぐらいしかないそうだけど、マイナー臭がして不安。
申し込んでいいものか。

 

そう思ったあなた、賢明だと思います。
不安を感じるのならやはり、ちゃんと調べるべきです。

今回の記事では黒ナンバー・緑ナンバーの事業用自動車保険「はたらくクルマの自動車保険」が気になっている方に向けて評判・クチコミ・メリット・デメリットを紹介していきます。

関連記事

あつかっている会社はどんなところ

「はたらくクルマの自動車保険」を扱っている会社は「株式会社未来」といってETC協同組合の法人保険部門が運営している会社です。
でも「株式会社未来」、聞いたことないですよね。
ETC協同組合、これも聞いたことないですよね。

順に説明していきます。

協同組合って?

そもそも協同組合ってなによ?って思いますよね。

組合といえば思いうかぶのは・・・
そう農協、農業協同組合。

ETC協同組合も農協のような団体なんです。
最初はクルマによる運送業のひとたちの集まりでしたが、いまでは多種多様な業種の人たちが加入しています。

協同組合で出来ること

力の弱い中小企業や個人事業主が集まって大きな組織になることによって出来る事があります。

組合員が多くなれば信用力・経済力が高まりクレジットカード会社と提携して組合独自のETCカードやガソリンカードを作る事ができ、個別では審査に通らない新設の中小企業や個人事業主に提供する事が出来たりします。

株式会社未来はETC協同組合の法人保険部門が運営している会社

ETC協同組合が組合の事業の一環として自動車保険を扱っていてそれを運営しているのが法人保険部門の株式会社未来というわけです。

申し込んで大丈夫?

このサイトでは以前からETC協同組合の商品を紹介していて、自動車保険のほかにも法人ETCカードやガソリンカードを紹介しています。
たくさんの方が申し込んでいますが苦情を聞いた事はありません。

安定した業績を維持している団体

高速情報協同組合という組合員数1万社を超える団体があるのですが、ETC協同組合はその姉妹団体です。

高速情報協同組合と同じように規模が大きく全国の事業者が利用出来る事業組合です。

「規模が大きい=安定した業績を維持している」わけで信頼出来る組織と言えるでしょう。

↓ETC協同組合についてさらに詳しく

「はたらくクルマの自動車保険」の特徴は?

 

保険はネットから申し込む時代

保険はいまやダイレクト型保険の時代です。

ダイレクト型保険ってなに?

ダイレクト型保険とはインターネット上で簡単に申し込める保険で実店舗をかまえていない保険。
街中にお店をかまえていなくてインターネット上だけで営業している保険です。

実店舗を構えてない分、経費がかからずに保険料が安い。
「車検証の写メを撮って送るだけ」など、手続きが楽でネットから簡単に申し込める。
こういったことから人気になっています。

しかし

黒ナンバー・緑ナンバーの事業用自動車保険を扱っているダイレクト型保険はほとんどありません。
従来通りに街中の保険屋さんにいって申し込みをしなければいけません。

トラックやダンプ、黒ナンバー・緑ナンバーの事業用車両の任意保険がネットから簡単に申し込める

そこで登場したのがネットから簡単に申し込める「はたらくクルマの自動車保険」なんです。
トラックやダンプ、黒ナンバー・緑ナンバーの事業用車両の任意保険がネットから簡単に申し込めるんです。

最近のネット保険同様、無料で見積もりが出来るし、特殊な車両でも相談にのってくれますよ。
ネットで早い!トラック・ダンプの自動車保険

はたらくクルマの自動車保険の評判・口コミは?

「はたらくクルマの自動車保険」実際に加入している方たちです。

  • 大手宅配便の下請けをしている個人事業主の方たち(軽貨物)
  • 個人タクシー・介護福祉タクシー・ハイヤーのドライバーの方(旅客業)
  • 土砂、砂利などを運搬するダンプカー・トラックのドライバーの方(運送業)
  • これらの業種を経営している方

「はたらくクルマの自動車保険」は他の保険会社では 加入できない事もある事業用のトラックや ダンプ・黒ナンバー・緑ナンバー車の加入を得意としているのでこれらの業種の方からの申し込みが多くなっています。

はたらくクルマの自動車保険のメリットは?

黒ナンバー・緑ナンバーの営業車両の保険を扱っているダイレクト型保険はほとんどない中で「はたらくクルマの自動車保険」はネットから簡単に申し込める。

手続きもスピーディに済ませられる。
必要書類は「車検証」のみ。
「車検証」をFAXするか写メをとってメールで送る。
最短即日で加入出来る。

保険料支払いは保険開始の翌月から
申し込み時は現金不要。

カギの閉じ込み・バッテリー上がり、 パンク時のスペア交換・ガス欠、レッカーサービスなど ロードサービスも充実。

はたらくクルマの自動車保険のデメリットは?

 

インターネット型自動車保険は事故対応が悪い?

インターネット型自動車保険は事故対応が悪いという噂があります。

しかし「はたらくクルマの自動車保険」の引き受け保険会社は損保ジャパン日本興亜。
もしものときの事故対応サービスは全国に展開しています。

インターネット型自動車保険はプランを自分できめなくてはいけない

インターネット型自動車保険はネット上から直接、損保会社に申し込むため、どんなプランがいいかを相談する事が出来ません。
その点、「はたらくクルマの自動車保険」は間に株式会社未来が入ってユーザーの環境にあった保険の相談をする事が出来ます。


 

デメリットを探してみたんですが、インターネット型自動車保険のデメリットはあるものの「はたらくクルマの自動車保険」のデメリットにはなっていませんでした。
デメリットがないわけはないんで引き続き探して見つかり次第追加していきます。

「はたらくクルマの自動車保険」の記事のまとめ

ネットでくわしく検索してみるとわかるのですが、黒ナンバー・緑ナンバーの事業用自動車保険を扱っているネット保険はほとんどありません。

そんな中で事業用自動車保険をネットから申し込める「はたらくクルマの自動車保険」は希少価値があります。
「はたらくクルマの自動車保険」自体の知名度はいまいちですが、高速情報協同組合という組合員数1万社を超える団体の姉妹団体であるETC協同組合の法人保険部門である「株式会社未来」が運営しています。

安定した業績を維持している会社なので安心して申し込んでください。

  • 大手宅配便の下請けをしている個人事業主の方たち(軽貨物)
  • 個人タクシー・介護福祉タクシー・ハイヤーのドライバーの方(旅客業)
  • 土砂、砂利などを運搬するダンプカー・トラックのドライバーの方(運送業)
  • これらの業種を経営している方

こういった業種の方々が「はたらくクルマの自動車保険」を利用しています。

↓まずは無料見積もりをしてみたらいかがでしょうか。

 


以上「はたらくクルマの自動車保険、ネットで申し込める法人自動車保険は希少価値あり」という記事でした。
気に入ってもらえたらシェアしてくれると嬉しいです。

      2018/06/03