法人ETCカード簡単審査で新会社でも作れる
法人ETCカードつかいこなし術

クレジット審査なしガソリンカードはこちら

法人口座開設、ネットバンクやゆうちょではだめなの?

 

法人口座を開設するにあたって出来ればメジャーな都市銀行にしたいと思いますよね。
はじめて仕事をする会社の請求書の振込先がネットバンクか都市銀行かでは相手に対する信用度が違うのは確かです。

大手の企業と取引をする場合は都市銀行に法人口座がないと厳しいと聞きますが、そうでない場合はネットバンクを使う人は増えています。ネットショップをやられている方などはネットバンクの法人口座開設で十分だと思います。

これから法人口座開設を検討している方に向けて銀行選びについて解説します。

 

 

法人口座は必須なのか?

 

法人口座は一般口座に比べると簡単に開設出来ません。
最近のように振り込め詐欺などの犯罪に使われる事が多くなって来てからは審査が厳しくなっています。
ちゃんとした実態のある法人であることの証明をしなければいけないんです。

 

これだけ審査の厳しい法人口座開設、会社をやっている場合は必須なんでしょうか?

 

結論から言ってしまうと必須じゃありません。
法人登記しても個人口座で仕事している人はいっぱいいます。

 

仕事用の通帳を作っておき、そこに入金してもらえば仕事は出来ます。
クレジットカードとETCカードも個人で会社用に一枚作っておき仕事用の通帳からの引き落としにしておけばいいわけです。

 

しかし何か問題が起きて税務署の調査が入ったりした場合にいい印象は与えないでしょうね。
さらに取引先の会社から見ると振込先が個人の銀行口座ってことになるとイマイチ信用出来ないと思われても仕方ないでしょう。

 

法人カード(法人向けクレジットカード)を作る場合もその会社の信用度で審査されますから法人口座がないのは不利になりますね。

 

やっぱり作っておいたほうがいい

 

もろもろの事を考えるとやっぱり法人口座の開設はしておいた方がいいでしょう。
色々手続きが大変で、場合によっては口座開設出来ないこともあるのですが、一度作っておけばそれが実績になって次に作るときは楽になります。

 

法人口座を開設するにはどの銀行がいい?

 

法人口座開設を検討する銀行を大きく分けると次の4つになります。

  • 都市銀行
  • 地方銀行
  • ネット銀行
  • ゆうちょ銀行

都市銀行 三菱東京UFJや三井住友、みずほなど

いわゆるメガバンクですね。
振り込み手数料が高い。

(大手の取引先なら口座を持っている可能性が高い、同銀行内なら手数料ゼロ。)
口座開設の審査は厳しい。

 

しかし請求書の振り込み先にその名前を出す事で会社の信用力はつきます。
だってそんだけ厳しい審査に通って口座開設出来たのだから信用出来る会社と言えますよね。
大手企業との取引があるなら都市銀行に口座を持ちたいですね。

 

地方銀行 横浜銀行、静岡銀行、北海道銀行、千葉銀行など

地域と密着しているのが地方銀行の特徴です。
小さな会社にも優しい。
その地域での営業をメインとしているのなら良い選択肢と言えます。
審査は比較的通りやすいです。

 

ネット銀行 ジャパンネット銀行や楽天銀行、住信SBIネット銀行など

メリットは、

24時間いつでも使える。
振り込み手数料が安い。

 

デメリットは
融資が受けられない
Pay-easyが使えない。

信用度がイマイチ。

 

ゆうちょ銀行

メリットは、

手数料が安い。
ネットバンキング、ATM手数料無料はありがいたいです。

 

デメリットは
融資が受けられない

信用度がイマイチ。

法人口座開設しやすいのはネットバンク?

 

法人口座開設しやすい点から言うとネットバンクという事になります。

 

一般的に都市銀行(メガバンク)は審査が厳しいと言われていて、次が地方銀行で、最後がネットバンクとゆうちょの順です。
信用度もこの順番です。

 

取引先が大手の場合、入金先を指定される事もあり、そういった場合ではほぼ都市銀行なので、そこに法人口座がないと厳しいことになります。
しかし、取引先が大手ではない場合はネットバンク・ゆうちょでも大丈夫です。

 

審査を受ける準備

 

法人口座の審査に通らなかった人の話を聞くと、十分に審査を受ける準備をしなかったのが一番の原因だと言います。

 

銀行ごとに違うのでそれぞれ確認はして欲しいのですが、最低でも以下のものは必須です。

 

法人口座開設に必要な書類

• 口座開設依頼書(銀行に備え付けのものです。)
• 登記事項証明書(登記簿謄本)
• 認証を受けた会社の定款
• 法務局から交付を受けた代表取締役の印鑑証明書
• 法務局へ届け出た代表印
• 銀行印に使用する印鑑
• 本人の身分証明書

 

株式会社は1円からでも設立できるけど

 

このほか資本金も適切な額にしていないとダメです。
株式会社は1円からでも設立できるようになりましたが、事業に適切な額の資本金にしていないと審査に通りません。

 

バーチャルオフィス、固定電話なしはダメ

 

会社の住所をバーチャルオフィスにしていてはだめです。
詐欺につかわれる法人口座の住所をバーチャルオフィスにしていた事例が多かったので引っかかりますね。
賃貸の場合は賃貸契約書を持って行きましょう。

 

賃貸よりも戸建のほうが印象はいいので、実家が近所にあれば、そこを使ってしまうのもありです。

 

携帯の番号のみではだめ、固定電話は引いて置くべきです。

 

事業の内容を的確に説明出来ないとダメ

面談のある場合はプレゼンをする要領で事業の内容を説明出来るようにしてからいきましょう。

 

ネットバンクでは面談がありませんので、事業の内容はホームページで確認出来るようになっていないとだめです。

適当に作ったスカスカのホームページでは審査に通らないと思ってください。

 

ネットショップの場合はしっかりとホームページは作ってあるはずですから問題ないでしょう。

余裕を持った準備が必要

 

審査には時間がかかるため余裕を持って準備しましょう。

 

会社設立届けでをしてから登記簿を取得出来るまで1〜2週間、銀行へ法人口座開設の申し込みをしてからも1〜2週間はかかります。

会社手続きをスタートしてから法人口座開設完了まで一ヶ月程度を見ておきましょう。

まとめ

 

大手企業との取引がある場合は都市銀行での口座開設が必要ですが、そうでない場合は作りやすいところから始めればいいと思います。

信用度(ステータス)を上げるためだったら、だんだんステップアップしていけばいいんじゃないでしょうか。

 

小規模な事業の場合はネットバンクの方がかえって使いやすいかもしれません。

 

一発では開設できないことが多いので、いくつかトライする心構えで取り組みましょう。

 


 

以上「法人口座開設、ネットバンクやゆうちょではだめなの?」という記事でした。

 

      2017/06/27