法人ETCカード簡単審査で新会社でも作れる
法人ETCカードつかいこなし術

個人事業主、以前から使っているETCカードを起業したあともそのまま使うのはダメ

以前から使っている個人向けクレジットカードで作ったETCカードを起業したあともそのまま使っている個人事業主などの方は結構いると思います。でもこれ、実はカード会社の規約違反になってしまうのを知っていましたか?ETCカードも含めて個人向けのクレジットカードを事業で使用する事はカード規約に違反してしまうんです。仕入れなどに使っていると、その利用履歴からカード会社にはわかってしまい、警告を受けてしまいます。それでもかまわず使い続けているとカード解約になる場合もあるんですよ。

 

法人・個人事業主は法人向けクレジットカードを使わなくてはいけない

法人・個人事業主が会社の決済にクレジットカードを使う場合は法人向けクレジットカードを使わなくてはいけないんです。

個人向けクレジットカード(いわゆる普通のクレジットカード)をカード会社が発行する条件として申し込み者自身が個人で使うという事が前提条件になっています。

カード会社としては個人で利用するリスクの範囲での使用を認めて(個人向け)カードを発行しているわけですね。

それを勝手に個人よりも大きなリスクのある法人・個人事業主として使用してはいけないという事なんです。

 

社員に決済用にクレジットカードを渡す場合

たとえば、社長の個人カードを一時的に社員に渡して「これで清算しといて」みたいな事をしていないでしょうか。

カード会社の規約では完全にアウトです。

カードは名義人本人の使用しか認められていません。

たとえば盗難補償などは不正にカードが使われた場合でもカード会社が補償をしてくれるようになっていますが、規約で認められていない使い方をしていれば、当然補償などはしてくれません。

ETCカードも同様で社長のETCカードを社員に渡して使用させる事は出来ません。

 

よく「ETCカードは使いまわしても大丈夫」という事を聞きますが、これは自分個人の一枚のETCカードをマイカー、レンタカー、友人の車、どれに使っても大丈夫という意味です。

会社内で一枚のETCカードを社員同士が使いまわしていいという意味ではないのでご注意を!

 

法人向けクレジットカードであれば、社員にカードを渡したい場合、追加カードを発行する事が出来、それを複数の社員に渡す事が出来ます。(発行できる枚数はカードによって違います)

 

ETCカードも同様です。

社員に渡す用途で追加のETCカードを複数枚発行する事が出来ます。

法人向けクレジットカードのETCカードなので法人ETCカードと呼ばれています。

 

でも法人向けクレジットカードが作れない場合がある

 

ただ、ここで問題なのは法人向けクレジットカードのクレジット審査が厳しいということなんですよ。

個人ではクレジットカードが作れている人でも、法人向けだと審査が厳しいために作れない事があるんです。

 

最近の個人向けクレジットカードはだいぶ敷居が低くなって主婦の方でも作れるようになってきました。

申し込みフォームの職業欄の項目に「主婦」という項目がのるようになりましたね。

 

しかし、法人向けクレジットカードは倒産の可能性もある「会社」の支払いを一時的に肩代わりするわけなので、カード会社も慎重になってしまいます。

まだ業績のはっきりしない起業したての会社や個人事業主に対しては厳しいクレジット審査になってしまいます。

 

関連記事

ETCカード・ガソリンカードだけならクレジット審査なしでも法人向けが作れるところがある

 

法人向けクレジットカードは無理でも事業で使える法人ETCカードのみ、法人ガソリンカードのみなら作れるところはあります。

クレジットカードではなくETCカード、ガソリンカードのみを作るのでクレジット審査はありません。

 

高速情報協同組合という組織がその発行業務をやっています。

 

その仕組みは

法人向けクレジットカードを作れない中小企業・個人事業主の方は高速情報協同組合に出資金を払って組合員になります。

高速情報協同組合はカード会社と提携してETCカードのみ、ガソリンカードのみをその組合員に発行します。

組合はカード会社に対し組合員に代わって支払い保証をします。

組合員はその支払い保証のおかげで後払い式の法人ETCカード、法人ガソリンカードを使えるようになります。

 

高速情報協同組合は立場の弱い中小企業・個人事業主のための農協のようなものなんですね。

 

クレジットカードを作るわけではないのでクレジット審査はなしですが、ちゃんと事業を行っているかどうかという審査はありますよ。

 

まとめ

 

個人で作ったクレジットカードやETCカード、知らないと起業したあとそのまま事業で使ってしまいますよね。

 

「カード会社にバレなければ使っててもいいじゃん」と思いましたか?

 

でも個人カードを仕事で使うと引き落とし口座が同じで私用と社用とが混同してしまい、申告の際には面倒な事になってしまいます。税理士からは警告される事もあるでしょう。

 

将来の事を考えると、ちゃんと会社の口座から引き落としされる法人向けクレジットカードを作った方がいいですね。そうすれば申告の際の経費などもすんなりと認められるでしょう。

関連記事

 

 

どうしても法人向けクレジットカードの審査が心配だったら高速情報協同組合の法人ETCカードも検討してください。

関連記事

 


 

以上「個人事業主以前から使っているETCカードを起業したあともそのまま使うのはダメ」という記事でした。

 

      2017/06/13