法人ETCカード簡単審査で新会社でも作れる
法人ETCカードつかいこなし術

JALカード、貯まったマイルで航空券と交換。飛行機好きな人におすすめ

あなたはクレジットカードで貯まったポイントをどう使っていますか?
飛行機での空の旅が好きな方なら最初からマイルで貯めるのが正解です。
そのためにはJALカードがおすすめ。

旅好きの人の賢いクレジットカードの使い方は普段のショッピングでJALカードを使ってマイルを貯める。
貯まったマイルを還元率のいい「航空券との交換」で使い一年に最低一回は飛行機の旅を楽しむ。
これで決まりです!

年間120万円のカード利用で12,000マイル獲得。
東京ー沖縄 往復航空券と12,000マイルで交換出来ます。

普段の買い物でもマイルが貯められるJALカード、その魅力を解説します。

基本情報 マイルとはなにか?

まずはマイルってなに?って話からはじめます。
知ってる人は飛ばしてください。

JALマイレージバンク

 

JALマイレージバンクとは航空会社が行っているポイントプログラム

国内のマイレージバンクで有名なのはJAL(日本航空)マイレージバンクとANA(全日空)マイレージバンク。

海外の航空会社でももちろんマイレージバンクはあります。

飛行機に乗るとマイルを貯める事が出来ます。

マイルは買い物などで貯められるポイントと同じようなもの

・楽天の楽天スーパーポイント
・イオンのWAONポイント

これらと同じようなポイントプログラムです。ただし名称を「ポイント」ではなく「マイル」と呼びます。

元々は飛行機に乗った人がその航続距離(1万マイル乗ったとか)に応じてもらえるポイントだったので「マイル」と呼ばれている。

今では普通の買い物はもちろんSuicaなどにチャージすることでもマイルは貯まります。

普通のポイントとの一番大きな違いは航空券と効率よく交換出来ること

普通のポイントプログラムとの一番の違いは航空券と交換出来る事。
それも交換率がとてもいい。

ファーストクラスの航空券の場合は1マイル=11円程度で交換出来る。
100円の買い物で最低でも1マイルは獲得出来るので還元率は驚異の11%。

どれくらいのマイルで飛行機に乗れるのか、1マイルあたり何円相当になるかは次の表の通り。

国内線

 

路線 片道 往復
東京⇔大阪 6,000 12,000
東京⇔札幌 7,500 15,000
大阪⇔沖縄 7,500 15,000
東京⇔沖縄 7,500 15,000
東京⇔石垣 10,000 20,000
大阪⇔石垣 10,000 20,000

2018年6月時点の「羽田→関空」の片道料金は25,490円(「先得」とか色々な割引はあるが普通の場合)

これが6000マイルで乗れるので1マイル→4.25円に交換出来る。

国際線

 

路線 エコノミー プレミアムエコノミー ビジネス ファースト
韓国 15,000 36,000 60,000
中国・香港・台湾等 20,000 30,000 48,000 72,000
タイ・シンガポール等 35,000 50,000 80,000 100,000
ハワイ 40,000 60,000 80,000 100,000
北米 50,000 65,000 100,000 140,000
ヨーロッパ 55,000 70,000 110,000 160,000
オセアニア 40,000 50,000 80,000 100,000

2018年6月時点の「成田→ニューヨーク」のファーストクラス片道料金は148万0,250円(「税金やサーチャージ込み)

これが14万マイルで乗れるので1マイル→10.57円に交換出来る。

マイルは飛行機に乗らなくても貯める事が出来る

元々は飛行機にのることで貰えたマイルですが今では色々な方法でマイルを獲得出来ます。

  • クレジットカード(JALカード)での普段の買い物で貯める
  • 提携ポイント(ポンタ、dポイント)からの交換で貯める
  • ネットショッピング(楽天・Amazonなど)で貯める
  • 提携店で貯める
  • ツアー旅行で貯める
  • ホテルに宿泊して貯める
  • レストランで貯める
  • レンタカーで貯める
  • タクシーで貯める

このような飛行機搭乗以外の獲得マイルを「陸マイル」と言います。

マイルの価値は一定ではない

貯まったマイルの価値はどれくらいか?

たとえば、148万円程する成田・ニューヨークのファーストクラス運賃。
マイルだと140,000マイルで航空券が手に入ります。
これだと1マイルの価値は10.57円円程。

それがビジネスクラス特典航空券の場合、1マイルの価値は6.98円。

エコノミークラスで計算すると1マイルの価値は1.79円。かなり違います。

ちなみに国内線特典航空券だと1マイルが1.5円~4円程度に相当します。

 他のポイントからマイルに交換すると

他のポイントからマイルに交換して航空券を獲得したい場合もありますよね。
ただし効率はよくありません。

楽天ポイント

楽天からJALは交換できないので一旦ANA(全日空)マイルに交換する。

1:楽天ポイントをANAマイルに交換する。10,000楽天ポイント→5,000ANAマイル

2:そのANAマイルをマツキヨポイントに交換する。5,000マイル→5,000マツキヨポイント

3:マツキヨポイントをJALマイルに交換する。5,000マツキヨポイント→2,000JALマイル

Tポイント

1:TポイントをANAマイルに交換する。10,000Tポイント→5,000ANAマイル

2:そのANAマイルをマツキヨポイントに交換する。5,000マイル→5,000マツキヨポイント

3:マツキヨポイントをJALマイルに交換する。5,000マツキヨポイント→2,000JALマイル

 

結果は10,000ポイント→2,000JALマイルと大幅ダウン
効率はメチャクチャ悪いです。

一番効率の悪いのは現金化

マイルは現金化する事も出来ます。

しかし一旦Tポイントに交換してからジャパンネット銀行で現金化出来ますが1マイルが0.85円になってしまいます。

マイルの有効期限がせまっている場合の緊急手段以外は使いたくない選択肢です。

JALマイルを貯めるならJALカードは必須アイテム

JALマイルを飛行機利用以外で効率よく貯めるならJALカードは必須アイテムです。

すでに説明したように楽天ポイントやTポイントなどからJALマイルに交換した場合はメチャクチャ損をします。

JALカードを作ってそれで買い物、公共料金の引き落とし、電子マネーへのチャージなどを行えば直接JALマイルが貯まっていきます。

どのJALカードを選ぶ?

 

JALカードはいろいろな種類が用意されています。

提携カード

自分の使い方に合わせてカードを選びましょう。
(東急利用が多いのならJALカード TOKYU POINT ClubQというように)

JALカード種類 独自のサービス特典
スタンダード(普通カード) JALのサービス
JALカード TOKYU POINT ClubQ JALのサービス+東急グループのサービス
JALカードOPクレジット JALのサービス+小田急グループのサービス
JALカード Suica JALのサービス+Suicaのサービス

グレード

JALカードのグレードは

  • 普通カード 年会費2,160円
  • CLUB-Aカード 年会費 10,800円
  • CLUB-Aゴールドカード 年会費 17,280円
  • プラチナ 年会費33,480円

どのグレードを選べばいいんでしょう。

ほとんど飛行機に乗らない人 普通カード

jalcard_standard

陸マイル(飛行機に乗らないで貯めるマイル)を貯めるのなら普通カードで十分です。

年会費2,160円で初年度は無料です。

付帯保険なども十分なものが付いています。

仕事などでよく飛行機に乗る人 CLUB-Aカード

jalcard_club_a

飛行機を利用する機会が多い人なら、フライトマイルがよく貯まるCLUB-Aカードがおすすめです。

年会費は10,000円ですが、その分フライトでの搭乗ボーナスがたくさん貯まります

加入オプション

JALカードを作る際に加入の有無を聞かれます。

JALカードショッピングマイル・プレミアム(一般の人向き)

年会費3,000円(税別)で、ショッピング時に通常200円で1マイルが100円で1マイルになるオプション

積極的にマイルを貯めて行くなら入っておいた方がいいでしょう。

JALカード ツアープレミアム(飛行機乗らないと意味はない)

年会費2,000円(税別)で、ツアーや特便割引などの割引運賃でもマイルを100%貯めることが出来る

マイルは、飛行距離に応じて貯まります。

しかし、ツアーや割引運賃の航空券だと飛行距離に応じたマイルが100%にはならずに50%・70%などになってしまう。

しかし、このオプションを付ければ、いつでも100%マイルを貯められます。

飛行機によく乗る人なら入っておいた方がいいでしょう。

JALカードを持つメリット

仕事の出張などで飛行機をよく使う人なら絶対持っていたほうがいいJALカードです。

ボーナスマイル

 

ボーナス種類 ボーナスマイル ボーナス内容
入会搭乗
ボーナス
1,000マイル JALカード入会後に初めて飛行機に乗る時にもらえるマイル
毎回初回搭乗
ボーナス
1,000マイル 入会搭乗ボーナス獲得の翌年以降、毎年初回搭乗時にもらえるマイル
搭乗毎の
ボーナス
フライトマイルの10%をプラス JALマイル対象の飛行機に乗るたびにもらえるマイル

(ファーストクラスやビジネスクラス、エコノミークラスなど、利用するクラスでも獲得マイルが変わります)

JALカードSuica 交通費でもマイルが貯められる

Suicaと提携しているJALカードSuicaなら通勤で使うSuicaへのチャージをJALカードから出来ます。

そのチャージ分もマイルになります。

通勤の交通費でもマイルが貯められるという事です。

家族で合算

航空券に交換出来るのは12,000マイルから。

家族一人一人では交換ポイントに達していない場合でも、みんな分を合わせれば12,000マイルに届く場合があるでしょう。

そうすれば旅行時の飛行機代一人分が浮く事になるわけです。

さあJALカード 作りましょう

飛行機を使った旅が好きな人なら作りたくなるJALカード。

クレジットカードで貯まるポイントの使い道に悩むあなた、マイルを貯めましょう。
それは航空券と交換するのがマイルの一番効率のいい使い方だからです。

これからクレジットカードを作ろうと思う人、「飛行機が好きなら」JALカードが一番の選択肢になると思いますよ。

 


以上「JALカード、貯まったマイルで航空券と交換。飛行機好きな人におすすめ」という記事でした。
気に入ってもらえたらシェアしてくれると嬉しい

      2018/07/03