法人ETCカード簡単審査で新会社でも作れる
法人ETCカードつかいこなし術

ライフETCカードのよくある疑問まとめ

ライフカードの発行・維持にかかる費用は完全無料です。

 

ETCカードも完全無料で発行・維持が出来ます

 

ETCカードのみの目的で作って親カードをしまいっぱなしにしておいてよけいなお金はかかりません。

 

ETCカードだけの利用でもしっかりとポイントが付きますので作っておいて損はないと思います。

 

今回の記事ではライフETCカードについてのよくある疑問をまとめました。

 

ライフETCカードのQ&A

ライフカードでETCカードは2枚以上作れるか?

 

1枚しか作れません。

 

クレジットカードは追加カードとして家族カードが発行出来ます。

 

この家族カード1枚に対してETCカードを発行出来る場合があり、一枚の親カードから複数枚のETCカードが作れるクレジットカードはあります。

 

しかしライフカードの場合は家族カードは発行出来ますが、その家族カードからのETCカード発行は出来ません。

 

ETCカードは親カードからの1枚しか作れないんです。

 

引っ越し、結婚などで氏名・住所がかわったときはどうするか?

 

ETCカードの登録情報は親カードの登録情報と同じですので、親カードの登録情報を変更します。

 

ライフカード会員が利用できるオンラインサービスLIFE-Web Deskで変更出来ます。

ETCカードの締め日と支払日(引き落とし)は?

ETCカードの締め日と支払日は親カードと同じです。

 

毎月5日が締め日、その月の27日または翌月3日が支払い日です。
登録した金融機関によって支払日(引き落とし)が二通りあります。

 

ただし、ETC利用分は一ヶ月分を道路会社からライフカード側に送られるので当月分には間に合いません。
翌月、場合によっては翌々月の請求になります。

 

学生でもライフカードを申し込んでETCカードが作れるか?

学生専用ライフカードが用意されていて、追加カード(付帯カード)としてETCカードを作る事が出来ます。
学生専用ライフカードの対象は、
高校生以外の満18歳以上満25歳以下。
大学・大学院・短期大学・専門学校に在学中の方。

 

学生である事が証明出来れば、ほとんど審査に通ります。
(未成年の場合は親権者の同意が必要)

 

↓学生専用ライフカード申し込みはこちらから
ライフカード

 

ETCカードの紛失・盗難・再発行は?

ライフカードのETCカードを紛失したり盗まれた場合は、「カード盗難・紛失受付デスク(0120-225331)」に連絡してください。
年中無休・24時間OK。

 

再発行の手続きはネットからでは出来ません。
ライフカード電話窓口に連絡してください。

■045-914-7003

 

最初に作るときは無料ですが、再発行では手数料が1,050円(税込)かかります。

 

紛失・盗難以外にもカード破損や期限切れなどの場合も同様に再発行手数料がかかります。

 

ETCカードの有効期限が迫ったきているがどうする?

 

有効期限が更新されたカードが、有効期限到の前月下旬までに、登録した住所に送られてきます。
有効期限が迫ったきたら自動で送られてくるのでこちらからは何もしなくて大丈夫です。

 

カードが更新された場合、それまで獲得していたポイントは引き継がれるので安心してください。

 

ETCカードの利用履歴を確認するには?

 

ETCカードの利用履歴はカードの利用明細から確認できます。

 

ただしショッピング利用などとは同じタイミングで請求されません。

 

ショッピング利用などは毎月5日が締め日でその月の27日または翌月3日に請求されます。

(※指定した金融機関によって二通りあります。)

しかしETCカード利用分は道路会社からライフカードに一ヶ月分をまとめて請求が来て、そこからユーザーに対して請求されるのでタイムラグがあり、ETCカード利用分は1ヶ月または2ヶ月後の請求になります。

 

ライフカードの利用明細に反映される前にETCカード利用分が知りたいときはETC利用照会サービスを使って調べてください。

 

ETCカード利用後、おそくとも4時間程度でETC利用照会に反映されて調べる事が出来ます。

 

↓ETC利用照会詳しくは

ETCカード利用分でもポイントが貯まる?

 

ライフカードではETCカード利用分も親カードと同様にポイントが貯まります。

 

ライフカードのポイント還元率は標準で0.5%と低いんですが、年間の利用額によって最大1%までグレードアップします。

 

→ライフカードのポイントについて詳しくは

ETCカードを作るのに審査はある?

 

ライフカードのETCカードを作るときは審査はありません。

 

親カードを作るときにクレジット審査に通っているので大丈夫です。

 

これはライフカードに限らず、どのクレジットカードでもETCカードを作るときに特別な審査はありません。

 

ETCカードの限度額は?

 

ETCカード利用分は親カードのショッピングなどの利用分と合わせて計算されます。
親カードの限度額内での利用が出来ます。

 

ちなみに親カードの限度額いっぱいに使っている場合、親カード、家族カードはそれ以上使えませんが、ETCカードは使えてしまいます。

 

限度額のせいでETCゲートが開かないという事は心配しなくていいという事です。

 

これはETCレーンでの事故防止のためにそうなっています。

ETCカードを申し込んだのに届きません、どうしたらいい?

 

親カードとETCカードは別々に郵送されてきます。

 

親カードだけ届いても、もう少し待ってみてください。

 

ライフETCカードを解約したい

 

ライフカードの解約はネットから手続きする事は出来ません。

 

脱会(解約)手続きは、
下記電話番号の音声ガイダンスにしたがって操作してください。

 

家族カード・ETCカードのみの解約も出来ます。

 

■045-914-7003

サービス番号:32#

脱会
受付時間 8:00~23:00

ライフETCカードはほんとに無料で作れるのですか?

 

カード作成料、年会費永年無料です。
有効期限がきて自動更新されても永年無料です。

 

ただし、紛失・盗難・破損などで再発行するときにはカード作成料1,050円(税込)がかかります。

 

まとめ

 

ライフカードのメリットである発行・維持コスト完全無料は魅力ですよね。

 

逆にデメリットは紛失・盗難・破損などで再発行するときにはカード作成料1,050円(税込)がかかってしまうというところでしょうか。

 

クレジットカードの最初の1枚、もしくは2枚目のETCカードが欲しいという方にはおすすめします。

 

 

↓カード申し込みはこちらから
ライフカード

 

 

関連記事

 


 

以上「ライフETCカードのよくある疑問まとめ」という記事でした。
気に入ってもらえたらシェアしてくれると嬉しいです。