法人ETCカード簡単審査で新会社でも作れる
法人ETCカードつかいこなし術

法人カードなのに作りやすさは個人カードなみの三井住友ビジネスカード for Owners

三井住友ビジネスカード for Ownersは個人事業主または小規模な会社向けの法人カード。
本人確認書類のみで作れるので設立したての会社でも審査に通る可能性は高いです。

法人カードを申し込んだが審査に落ちてしまったという方、あきらめないでください。

三井住友ビジネスカード for Ownersの審査の対象は申込者本人なので赤字決算の会社でもトライ出来ます。

 

法人カードとしては破格の年会費(クラシック1,250円税抜き、追加カード400円税抜き)です。
さらに年会費を安くする裏技もあり。

法人カードなのに作りやすさは個人カードなみの三井住友ビジネスカード for Owners、早速見ていきましょう。

 

三井住友ビジネスカード for Ownersの特徴

 

法人カードなのに作りやすさは個人カードなみ

 

三井住友ビジネスカード for Ownersは普通の法人カードのように必要書類として会社の登記簿(全部事項証明書)や決算者が必要ありません。

なぜかというと「for Owners」という名称が表すように会社の経営者個人、または個人事業主を対象に発行する法人カードだからです。
代表者個人の本人確認書類があれば作れるのです。

 

当然、本人確認書類だけなので赤字経営とか設立したてとかは問題になりません。

このことから三井住友ビジネスカード for OwnersがオリコのEX Gold for Bizと同じような位置にある法人カードと言えるでしょう。

 

EX Gold for Bizとの一番大きな違いは

オリコのEX Gold for Bizはゴールドカードのみ。

 

三井住友ビジネスカード for Owners
・クラシック(標準)
・ゴールド
・プラチナ

と3種類用意されています。

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシックカード)
三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールドカード)
三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナカード)

引き落とし口座

三井住友ビジネスカード for Ownersの引き落とし口座は

  • 個人名義口座
  • 個人事業者(屋号)名口座
  • 法人名義口座

使いかたによって選べるようになっています。

支払い方法

法人カードには珍しく、支払い方法は

  • 1回払い
  • 2回払い
  • 分割払い・ボーナス払い
  • 一括払い・リボ払い

が利用できます。

 

キャッシング

法人カードとしては珍しく海外だけでなく国内でもキャッシング出来るようになっています。

(一般の法人カードは海外でのみキャッシングが出来るものが多い)

全国の提携金融機関・ゆうちょ銀行・コンビニのATMで利用できます。

これも三井住友ビジネスカード for Ownersと一般の法人カードとの大きな違いと言えるポイントです。

利用限度額

クラシック(一般)カード 原則10万~80万円
ゴールドカード 原則50万~200万円
プラチナカード 原則200万~500万円

三井住友ビジネスカード for Ownersは追加カードを発行して社員に持たせる事が出来ますが、クラシックカードの限度額80万円では多くても追加カードは2枚ほどが限度でしょう。

親カードプラス追加カードの全部の合計で限度額80万円までだからです。
ある程度の枚数の追加カードが必要ならゴールドカード・プラチナカードを検討すべきでしょう。

国際ブランド

三井住友ビジネスカード for Ownersの国際ブランドはVISAMastercardの二種類から選べます。
VISA、Mastercardなら世界シェア1位、2位なのでほとんどの国で使えます。

 

年会費

親カード 追加カード1名あたり
クラシック(一般)カード 1,350円 432円
ゴールドカード 10,800円 2,160円
プラチナカード 54,000円 5,400円

 

追加カードが親カードにくらべてかなり安くなっているのはありがたいです。

追加カードの枚数分、毎年年会費がかかるわけですから。

ネットからの申し込みで初年度無料キャンペーン中(プラチナカードは除く)

さらに年会費を安くする裏技があるんです。

 

裏技その1

 

WEB明細サービスを使う。

郵送されてくる明細書の発行をキャンセルする事で年会費が割引になる。
毎月の明細は会員サイト「Vpass」(ブイパス)を使いネット上で確認する。

  • クラシック(一般)カード:540円(税込)OFFで年会費810円(税込)
  • ゴールドカード:1,080円(税込)OFFで年会費9,720円(税込)
  • プラチナカード:1,080円(税込)OFFで年会費52,920円(税込)

裏技その2

 

リボ払いサービス「マイ・ペイすリボ」に登録し、年1回以上のカード利用があれば年会費が割引になる。

つまりリボ払いの手数料を払った場合という事です。

  • クラシック(一般)カード:1,350円(税込)OFFで年会費無料
  • ゴールドカード:5,400円OFFで年会費5,400円(税込)に

プラチナカードはマイ・ペイすリボによる割引はありません。

 

裏技その3

 

「マイ・ペイすリボ」に登録してもリボ払いの手数料(利息)を払わなくてもよくなる裏技。

「マイ・ペイすリボ」ではリボ払いにする金額をいくらからにするか設定出来る。
これを限度額一杯の金額にしておけばリボ払いは発生しないのです。

 


 

組み合わせでゴールドカード年会費10,800円が4,320円になる。

裏技1、2を組み合わせるとゴールドカード年会費10,800円がマイ・ペイすリボの5,400円OFFとWeb明細の1,080円OFFで結果4,320円(税込)まで割引になりますね。

追加カード(パートナー会員)の年会費は残念ながらこれらの裏技でも割引にはなりません。

 

電子マネーiD

三井住友ビジネスカード for Ownersは電子マネー「iD」が使えます。

 

「iD」はチャージなしで使える後払い式の電子マネーです。

一ヶ月の利用分がまとめて引き落としになります。

 

3つのタイプから選べます。

専用カード

iD機能専用のカード

選択iDカード

 

携帯型

ドコモの「おサイフケータイ®」対応スマートフォンなどで利用できます。

選択iD携帯

Apple Pay

iPhone 7やApple Watch Series 2 へ設定するとすぐにiDが利用できます。

選択id_applepay

 


 

iDマークのあるコンビニ、自動販売機やタクシーなど全国60万店以上のお店で、リーダーにかざすだけで電子マネー「iD」でお支払いできます。

ETCカード

 

三井住友ビジネスカード for Ownersは、ETCカードの発行手数料・年会費が無料です。

ただし、1年間ETCカードの利用がまったくない場合、翌年は540円(税込)のETCカード年会費がかかってしまいます。

 

一枚の三井住友ビジネスカード for Ownersに対して一枚のETCカードが発行されます。
社員に渡すには追加カードを作ってそこからETCカードを発行するという形になりますね。

 

ポイント還元率

 

三井住友ビジネスカード for Ownersのポイント還元率は0.5%。

最近のクレジットカードでは低レベルの還元率です。(例:楽天カード還元率1.0%)

 

ただし「マイ・ペイすリボ」に登録して実際にリボ払いが発生した場合は、その月の利用代金のポイントは2倍になり還元率1.0%となります。

ポイントの有効期限は、クラシックカードは2年、ゴールドカードは3年、プラチナカードは4年間です。

 

ポイント交換先

 

貯まったポイントは他のポイントに交換できます。

 

主なポイント交換先

ポイント交換先 最小単位(ポイント) 移行先の金額(円) 還元率
楽天スーパーポイント 200 1,000 0.50%
dポイント 200 1,000 0.50%
au WALLETポイント 200 1,000 0.50%
iDバリュー(利用代金に充当) 200 1,000 0.50%
Amazonギフト券 200 1,000 0.50%

 

ポイントアップサイト「ポイントUPモール

三井住友カードの会員がWEBサイトの「ポイントUPモール」を経由してAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、LOHACO、ベルメゾンネットなどで三井住友カードで買い物をすると、ポイントが2倍(1.0%)以上になります。

付帯保険

 

海外・国内旅行傷害保険

 

クラシックカード 最高2,000万円の海外旅行傷害保険(※)
ゴールドカード 最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険(※
プラチナカード 最高1億円の海外・国内旅行傷害保険

(※)クラシック・ゴールドは利用付帯:旅費などをカードで支払った場合。

プラチナは自動付帯:カードを所有しているだけで自動で保険が付く。

ショッピング保険

購入した商品の損害を補償する「お買物安心保険」が付帯しています。

 

クラシックカード 最高100万円
ゴールドカード 最高300万円
プラチナカード 最高500万円

購入日および購入日翌日より90日間が保障対象です。

 

※クラシックは海外での購入分、日本国内でのリボ払い・3回以上の分割払いでの購入品のみが対象

ビジネスサポート&特典

 

ビジネス用じゃらんnetホテル予約

三井住友カードがリクルート「じゃらんnet」と連携し、法人カード会員に限定して提供している国内宿泊施設予約サービス。
「じゃらんnet」で通常提供されている宿泊プランはもちろん、法人カード会員の方向けの更にお得なプランもあり。

 

プラスEXサービス

東海道新幹線(東京~新大阪間)のネット予約&チケットレスサービスが利用できます。
駅窓口でのきっぷの受け取りが不要で、よりスムーズ・スピーディーにご利用いただけます。

 

空港ラウンジサービス

【ゴールド・プラチナカードのみ】国内主要の空港ラウンジが無料で利用出来ます
飛行機を使う出張の多い場合はありがたいサービスです。
待ち時間を快適にすごせます。

基本ソフトドリンク無料。
ビジネス用デスクもあり。
アルコール・おつまみが用意されている所もあります。

名義変更・住所変更

 

結婚などで性が変わったときや住所の変更などがあったときはカード会社に連絡をして変更届けをしなくてはいけません。

名義人以外の人が法人カードを使うことは禁止されているからです。

お客さま情報の変更にあたっては変更届のご提出が必要となりますので、変更届をプリントアウトまたはご請求いただき、弊社へご郵送ください。
三井住友カード

経営者の職を辞するときも同様です。

請求先があなたの個人口座ではなく会社の口座になっていたとしても、代表者であったあなたが連帯保証人になっているので変更しなくてはいけません。

追加カードの名義

追加カードも使用者の名義で発行されています。

こちらも結婚などで性が変わったときは届出をして名義変更しなくてはいけません。

新規入会キャンペーン

 

2018年3月31日~2018年9月28日カードお申込み分まで

新規入会特典

新規入会&利用でもれなく三井住友カードVJAギフトカードプレゼント「ゴールド・プラチナ6,000円分、クラシック(一般)1,000円分

三井住友ビジネスカード for Ownersに新規で入会、カードご入会月の3ヵ月後末までに合計7万円(含む消費税等)以上ご利用(パートナー追加利用分含む)

その他特典

「電子マネー iD」同時申し込み&利用で
三井住友カードVJAギフトカード1,000円分プレゼント

Apple Payも対象。

マイ・ペイすリボ同時設定&利用
新規ご入会時に「マイ・ペイすリボ」同時設定&3ヵ月以内に7万円(含む消費税等)以上利用で三井住友カードVJAギフトカード1,000円分プレゼント

 

Vpass登録と携帯電話料金設定・利用
もれなく三井住友カードVJAギフトカード4,000円分プレゼント

【対象事業者】

電気:北海道電力、東北電力、東京電力、中部電力、北陸電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力

ガス:北海道ガス、北陸ガス、京葉ガス、東京ガス、東邦ガス、大阪ガス、四国ガス、広島ガス、西部ガス

携帯電話:docomo、au、softbank

放送料金:NHK


↓お申し込みはこちら

まとめ

 

三井住友ビジネスカード for Ownersは経営者個人、または個人事業主が対象の法人カードです。

ビジネスに必要な法人カードの機能は備えていながら本人確認書類だけで作れる法人カードです。

公式サイトでもこのように明示されています。

代表者ご本人の確認書類のみで手続きかんたん。
会社設立間もないお客様でも申し込み可能

法人カードがはじめてでも作りやすいカードになってますね。

クラシック(標準)、ゴールド、プラチナと3種類用意されていて、ゴールド、プラチナは年会費も高い分充実したサポート、特典が受けられるようになっています。

 

法人カードがはじめての個人事業主、または2、3人規模の会社であればクラシックでも十分使えると思います。
(空港ラウンジは使えませんが)

法人カードの一枚目として検討してみてください。


 

以上「法人カードなのに作りやすさは個人カードなみの三井住友ビジネスカード for Owners」という記事でした。
気に入ってもらえたらシェアしてくれると嬉しいです。

 

      2018/06/15