法人ETCカード簡単審査で新会社でも作れる
法人ETCカードつかいこなし術

クレジットカードが作れない人のためのガソリンカードだったらこれ!

車を頻繁に使う、イコール給油を頻繁にする、そんな人にとってマストアイテムなのがガソリンカード、だけど

  • クレジットカードが作れないためにガソリンカードが作れない人

こういう人もいます。

今回の記事はそんな人はどうしたらガソリンカードが作れるかというテーマです。

基礎知識:ガソリンカードはクレジットカードなんです

 

ガソリンカードって何?

答えは石油元売り業者(昭和シェル、出光など)がカード会社(VISA、MASTERなど)と提携して発行しているクレジットカードだということです。

クレジットカードなのでショッピングの支払い、レストランの支払いに普通に使えます

普通のクレジットカードとどこが違う?

石油元売り業者がカード会社と提携して作っているので、ガソリンスタンドで使うときに便利なように作ってあるカードなんです。

石油元売り業者がカード会社と提携して出しているカードは色々特典がある

たとえば石油系カードの会員数NO.1のENEOSカード

⚫︎エネオスのスタンドで使えば、ガソリンが最高で1リッターにつき7円引き。

⚫︎ポイントが1000円で30ポイント。

⚫︎トラブルの際はロードサービスが受けられる。

などなど色々特典があるんです。

公式サイトはこちら↓


関連記事↓
エネオスカード徹底解説

しかしクレジットカードが作れない人はガソリンカードが持てない。

 

ガソリンカード=クレジットカードなのでクレジットカードが作れない人はガソリンカードが持てないという事になるんですが。

クレジットカードが作れない人とはどんな人

 

なかにはクレジットカードを持つのが嫌いだという人もいますが、普通は次のようなケースになります。

個人の場合

いわゆるブラックの人ですね。

過去に支払いの延滞や未払いなどの履歴がある人。

つまり個人信用情報に傷のある人はクレジットの審査ではじかれます。

法人・個人事業主の場合

法人でも契約するのは代表者個人なので個人信用情報に傷のある人はだめですね。

あとは会社を立ち上げて間もない場合は実績がないのでクレジットの審査に通りにくくなりますね。

法人、個人事業主の場合は法人向けクレジットカードを申し込まなければいけないのですが、個人向けのクレジットカードに比べると審査が厳しくなっているためです。

個人信用情報

 


 

それじゃどうすりゃいいの?というとクレジットの審査がないガソリンカードにすればいいじゃないという事になるわけです。

審査なしで作れるETC協同組合の法人ガソリンカード

 

どうして審査なしで作れるのか?

一言でいうとクレジット機能のないカード、つまりクレジットカードではないからです。

ETC協同組合のガソリンカードはクレジットカードではありませんので、ショッピングやレストランの支払いには使えません。

それじゃどうやって後払い方式に出来るのかというと、まずETC協同組合のガソリンカードを作る条件として出資金を1万円払って組合員にならなければいけません。

保証金ではありませんので、そのお金を担保にするという事ではないんです。

出資金を出して組合の一員になると組合が支払い保証をしてくれて後払い方式のガソリンカードを使えるようになるという事なんです。

ETC協同組合についてのさらに詳しい記事はこちら→ETC協同組合

法人・個人事業主限定の法人ガソリンカード

ETC協同組合は弱い立場の中小企業をサポートする目的で設立されている組合なので、その対象は法人・個人事業主限定になっています。

主婦の人やサラリーマンでは作れません。じゃ、そういう人はどうする?

主婦・サラリーマンでもつくれる裏技

個人事業主になってしまいましょう。

法人・個人事業主限定になっていますので申し込み時に、法人は登記簿個人事業主は確定申告書が必要です。

主婦の人やサラリーマンでは確定申告書がないわけですね。

ならば、形だけでいいので開業届を出して個人事業主になってしまいましょう。

税務署に出すのですが以外と簡単に受理されます。

開業したばかりであれば確定申告はしていないので、代わりにこの開業届を使います。

関連記事↓

ETC協同組合の法人ガソリンカードのデメリット

  1. 組合員になるために出資金1万円が必要
  2. 石油元売り系のカードのような特典がないし、ポイントも付かない。
  3. 法人・個人事業主が対象で個人は作りにくい。

1、この1万円は脱退時には戻って来るお金なんですけど、最初に用意しなければいけないわけで、あまり初期費用をかけたくないなぁという人にはデメリットですね。

2、たくさん使ってもガソリンが割引になるわけでも、ポイントがつくわけでもありません

3、個人の場合、開業届を作成して税務署に持っていく(郵送もあり)の一手間がかかってしまいますね。

まとめ

ガソリンカード。

頻繁に給油する人にとっては絶対作ったほうがいいカードなんですよね。

業務で使う場合も法人向けのクレジットカードである法人ガソリンカードを使えば従業員ごとに給油専用カードを渡して管理するなんて事も出来てしまいます。

何の問題もなくクレジットカードが作れるのであれば苦労しないんです。

しかしクレジットカードが作れない事情があればひと工夫してクレジット機能なしのETC協同組合の法人ガソリンカードを作ってしまいましょう。

特に業務で使う場合は従業員ごとに給油専用カードを渡す事が出来ますので経理処理の向上にも貢献しますよ。

ETC協同組合の法人ガソリンカード、詳しくはこちらの記事で↓

 


 

以上「クレジットカードが作れない人のためのガソリンカードだったらこれ!」という記事でした。

 

↑クリック

 

      2018/05/21