法人ETCカード簡単審査で新会社でも作れる
法人ETCカードつかいこなし術

本人確認書類のみで作れる個人事業主用の法人カードは?

本人確認書類のみ

個人事業主(自営業)の人が事業で使うクレジットカードを作ろうとしても法人向けクレジットカードは審査が厳しいという問題がありました。

 

会社登記簿や収入証明が必要で収入が不安定または赤字申告をしている私などは審査に落ちやすいのです。

法人の方でも設立したばかりだと審査に通るのは難しいと言われていました。

 

しかし本人確認書類のみで作れる個人事業主用の法人カードがあるのを知っていますか?

 

本人確認書類のみなら事業の業績は問われないし、本人の信用情報に問題なければ審査には通りやすくなります。

つまり私のように赤字で申告している個人事業主でも作れる可能性が高いわけです。

 

本人確認書類のみで作れてしまう個人事業主用の法人カードを解説します。

 

なぜ個人事業主で法人カードがほしいのか?

 

 

なぜ個人事業主の私が法人カードが欲しかったのか?
個人向けのクレジットカードをプライベートとは別に仕事用のを一つ用意すればそれでよかったのですが・・・

 

よく個人のクレジットカードを事業の仕入れなどに使うのはカード会社の規約違反になり解約させられる、なんて話がありました。

 

でも現実には個人のクレジットカードを個人事業主としての仕事に使っている人は多いですよね。

カード会社に電話で問い合わせをしても「個人事業主の方が仕事にお使いいただけます。」というような回答をしてもらえます。

 

普通に使っているならとやかく言われる事はないようですが、一抹の不安は多少なりともありますね。

 

わたしの場合、楽天カード、ライフカードなど個人事業主でも作りやすい個人用のクレジットカードを仕事用目的だけに作ってもよかったし、げんにそうしていました。

 

でもある理由があって法人カード(ビジネスカード)を作る事にしました。

わざわざ法人カードにする理由は?

 

わたしの場合は法人にはしていないので社員ではないが働いてもらっている人が二人います。

仕事では車を使うので二人にはETCカードを渡したいのですが個人カードでは出来ません。

 

個人カードで作ったETCカードは名義人本人しか使えません。

人に貸して紛失・盗難にあい不正使用された場合、補償されないからです。

 

不正使用された分を補償されないカードは恐ろしいものですよね。

そこで法人カードの出番なんです。

 

法人カードは事業で使う事を前提に作られているので従業員に渡して使える追加カードやETCカードが最初から用意されているんですよ。

 

こういった機能面とは全然関係ないところではやはりステイタスでしょうか。

ちょっとは見栄を張りたいじゃないですか。

 

うちで使っているカードはビジネス専用の法人カードですけど、なにか?って言いたいんです。

さらに、それがゴールドやプラチナカードだったらもっと見栄を張れます。

 

もちろんゴールドやプラチナカードにすると年会費は高くなってしまうけど、それ相応のサービスは受けられますよ。

法人カードだと出来る事は?

 

オリコ法人カードのカード規約より

<取引目的>
このカードは、申込者が営業のために又は営業としてする取引(事業費決済および事業費融資)専用のカードです。

 

法人カードはこのように事業に使う事を前提にして作られているので、従業員用に何枚もETCカードを作れますし、親カードと同じ決済機能を持った追加カードを作ってそれを従業員に渡して使わせる事も出来ます。

 

 

現金で仕事用の経費の立て替えなどをしていると経理処理は面倒な事になりますよね。

追加カードを渡しておいてそれで払っておいて貰えば、後から引き落とし日に一括請求になり利用明細を経理処理に使えば格段に効率はよくなります。

でも問題は法人カードの審査の厳しさ

 

法人向けのクレジットカードいわゆる法人カードは個人のクレジットカードが作れている人でもなかなか審査に通らない事が少なくありません。

 

過去3年間の業績から判断される場合もあり、そうなると設立したての会社では作れませんし、赤字申告している個人事業主も審査に通るのは厳しくなります。

 

わたしもこのクレジット審査の厳しさがネックで法人カードが作れずにいました。

逆に言うと厳しい審査に通って法人カードが持てるとそれだけでステイタスにはなりますよね。

 

しかしこの何年かでクレジットカード会社も個人事業主向けの法人カードを出すようになってきたんです。

個人で起業する人たちを対象とした法人カードの必要性を感じるようになったのだと思います。

 

今回紹介する本人確認書類があれば申し込める個人事業主向けの法人カードも完全にそういう人たちをターゲットにしているようです。

本人確認書類のみで作れる法人カードのメリットは?

 

法人カードは法人なら会社登記簿、個人事業主なら収入を証明する公的書類、確定申告書などが必要でした。

さらにカード会社によっては3年分の業績を審査の判断材料にするところもありました。

 

しかし本人確認書類のみで申し込める法人カードは事業の業績は判断材料にはされません。

あくまで申込者本人の信用度で判断されます。

 

申込者本人のクレジットカードヒストリー(個人信用情報)に問題がなければいいわけです。

これは別に難しい事ではなく過去にカード会社と支払い延滞などのトラブルを繰り返したような問題がなければ審査に通る可能性は高いという事です。

 

自由業の人でも作れる

本人確認書類のみで申し込める法人カードは個人事業主(自営業、商店主)だけでなく、作曲家、株や為替の個人トレーダーなどの自由業の人でも作る事ができます。

 

税金の申告用にプライベートとはきっちり分けたクレジットカードの使い方をしたいという人にはうってつけというわけです。

 

本人確認書類のみで作れる法人カードおすすめ

 

本人確認書類のみで申し込める法人カードから、今おすすめの2枚を紹介します。

オリコ ex gold for biz

 

オリコ EX Gold for Bizは個人事業主用と法人代表者用の2種類のカードが用意されいいます。

年会費2,000円+税 (初年度無料)で作れるゴールドカードは貴重ですよ。

 

EX Gold for Biz S
iD×QUICPay
EX Gold for Biz M
iD×QUICPay
対象 個人事業主 法人代表者個人
年会費 2,000円+税 (初年度無料
追加カード なし 3枚まで発行可
(年会費無料)
ETC発行枚数 1枚 各カード1枚
(追加カード1枚に付きETC1枚)
ETC年会費 無料
キャッシング機能 あり なし
電子マネー QUICPay・iDに対応
限度額 10万円~300万円
国際ブランド  VISAあるいはMastercard
海外旅行保険 2,000万円
国内旅行保険 1,000万円
ショッピング保険 最高100万円
ポイントプログラム オリコ「暮らスマイル」
EX Gold for Biz会員は利用金額スマイルに20%加算
支払い方法 1回払い、分割払い、据置き一括払い、リボルビング払い

個人事業主用はタイプSです。

 

法人限定のタイプMだと親カードと同じ機能の追加カードを3枚まで発行可能で、追加カード一枚につき一枚のETCカードも作れます。

3人までの従業員に追加カード、ETCカードを渡したいときはタイプMで対応出来ます。

 

法人カードでキャッシングが出来るのは珍しいです。(タイプSのみ)

急に現金が必要になったときにありがたいです。

事業用資金には金利が高いので向きませんよ。

 

↓公式サイトで申し込み
EX Gold for Biz

 

↓さらに詳しく

 

三井住友ビジネスカード for Owners

 

 

三井住友ビジネスカード for Owners
・クラシック(標準)
・ゴールド
・プラチナ

と3種類用意されていてゴールド、プラチナは年会費も高い分充実したサポート、特典が受けられるようになっています。

 

プラチナカードになると年会費は一気に54,000円と高額になりますが、受けられるサービスも違ってきます。

旅行傷害保険は最大1億円、ショッピング保険(カードで買い物をした商品の破損などの補償)が最大500万円です。

 

わたしもプラチナカードが持てるようになるんでしょうか。

 

本人の確認書類のみで申し込めるのは公式サイトでもハッキリ明示されています。

代表者ご本人の確認書類のみで手続きかんたん。
会社設立間もないお客様でも申し込み可能

 

クラシック ゴールド プラチナ
対象 個人事業主または法人経営者個人
年会費 1,350円(初年度無料) 10,800円(初年度無料)  54,000円
追加カード年会費 432円(初年度無料) 2,160円(初年度無料) 5,400円
ETC発行枚数 親カード(追加カード)1枚に付きETC1枚

一枚の親カードに対して何枚ものETCカード発行は出来ない

ETC年会費 無料

ただし1年間ETCカードの利用がまったくない場合、翌年は540円(税込)

キャッシング機能 あり
全国の提携金融機関・ゆうちょ銀行・コンビニのATMで利用できます。
電子マネー iDに対応
限度額 原則10万~80万円 原則50万~200万円 原則200万~500万円
国際ブランド VISAあるいはMastercard
旅行傷害保険 最高2,000万円の海外旅行傷害保険

国内はなし

最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険 最高1億円の海外・国内旅行傷害保険
ショッピング保険 最高100万円(海外のみ) 最高300万円 最高500万円
ポイントプログラム 基本還元率0.5%

「マイ・ペイすリボ」に登録して実際にリボ払いが発生した場合は、その月の利用代金のポイントは2倍になり還元率1.0%

支払い方法 1回払い・リボ払い・分割払い・2回払い・ボーナス一括払い

 

法人カードがはじめての個人事業主、または2、3人規模の会社であればクラシックでも十分使えると思います。

法人カードなのにキャッシングが出来るのも特徴です。

 

限度額もチェックしておいてください。

クラシックの場合、限度額80万円なので追加カードを作って4人で使うと一人が使える金額は均等に使う場合は20万。

けっして多い金額じゃありませんので、限度額を気にしながら使う事になります。

 

 

ゴールド・プラチナカードのみ】国内主要の空港ラウンジが無料で利用出来ます。

 

 

↓公式サイトで申し込み
三井住友ビジネスカード for Owners

 

↓さらに詳しく

まとめ

 

まったく一人でやっている個人事業主、またまたは2、3人規模の事業で使うならオリコ EX Gold for Biz三井住友ビジネスカード for Ownersクラシックで大丈夫でしょう。

 

年会費もオリコ EX Gold for Biz2,000円(初年度無料)、三井住友ビジネスカード for Ownersのクラシック1,350円(初年度無料とリーズナブルです。

 

特にオリコ EX Gold for BizのタイプMは年会費無料の追加カードが3枚まで作れます。

三井住友ビジネスカード for Ownersだと追加カードを3枚以上つくれますが一枚ごとに年会費がかかります。

 

それ以上の規模の事業なら三井住友ビジネスカード for Ownersのゴールドかプラチナがいいでしょう。

 

オリコ EX Gold for BizのタイプMは追加カードが3枚までなので、使える人数が限られます。(限度額は300万円まであります。)

三井住友ビジネスカード for Ownersのクラシックだと追加カードを3枚以上つくれますが限度額が80万円までなので人数が多くなると一人が使える金額が少なく使い勝手が悪くなります。

 

ゴールドかプラチナにすれば限度額は増えますが、年会費も高くなっていきます。

自分のビジネスの規模に合わせて選んでください。

 


 

以上「本人確認書類のみで作れる個人事業主用の法人カードは?」という記事でした。
気に入ってもらえたらシェアしてくれると嬉しいです。

 

      2018/03/12