法人ETCカード簡単審査で新会社でも作れる
法人ETCカードつかいこなし術

意外と知られていないETCの休日割引・深夜割引、ポイントを押さえて高速料金を節約しよう

ETCの普及率もだいぶたかまってきて多くの人がETCレーンを通過するようになりました。
しかし以外と知られていないのがETC割引。

 

そのなかでも休日割引・深夜割引はマイレージ登録なしでも適用されますので一般の方でも要チェックです。
ETCの休日割引・深夜割引は30%もの割引があるんです。

 

高速料金が5000円だったら1500円の割引ですよ。
サービスエリアの軽い食事代2食分が浮いてしまいますよね。

 

この割引、積極的に使わないともったいない。
ポイントを押さえて高速料金をうまく節約できるようにETCの休日割引・深夜割引を解説します。

 

 

休日割引

土曜日・日曜日・祝日に高速道路料金が割引になります。

休みの日の用事・レジャーで高速道路を使う人にとってうれしい割引です。

毎週休日には車で出かけるのに知らなかったという人はぜひチェックしてください。

 

普通車・軽自動車等(二輪車)限定の割引です。

中型・大型者は適用外です。

つまり仕事で使う車以外という感じで、あくまで一般の方が休日に車に乗るときに適用される割引になってますね。

割引率、どの程度安くなるの?

休日割引は30%です

5000円で1500円OFF

片道5000円程度の距離なら行き帰りの途中休憩の食費が浮きますね。

 

これだけでもうれしい割引だと思いますが遠出をした場合はETC休日割引ありとなしではだいぶ違ってきますね。

年末年始とお盆しか高速道路使わないという人もチェックしておいた方がいいですよ。

休日割引になる日は?

土曜日・日曜日・祝日が休日割引になります。(正月2日、3日含む)

平成29年版の休日割引カレンダーで確認しましょう。

 

 

1月

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2月

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

3月

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

4月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

6月

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

7月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

8月

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

9月

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

10月

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

11月

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

12月

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

・重要チェックポイント↓

こういうケースでもOK

休日割引の前日、例えば金曜日の深夜に高速に乗って、そのまま土曜日の深夜または早朝などに高速を降りる場合。

日曜日の深夜に高速に乗って、そのまま月曜日の深夜または早朝などに高速を降りる場合。

このように休日の期間だけに限らず、乗る、降りる、どちらかが休日にかかっていれば割引適用になります。

休日割引になる道路、ならない道路がある

残念ながら全部の高速道路で割引になるわけではありません。

 

NEXCO東日本/中日本/西日本(NEXCO3社)が管理する地方部の高速道路及び宮城県道路公社の仙台松島道路に限られます。
さらにこれらの道路でも大阪近郊、東京近郊では割引になりません。

 

東京近郊の割引対象外区間

画像引用元:http://www.driveplaza.com

 

E4東北道(川口JCT~加須)

E6常磐道(三郷~谷田部)

E17関越道(練馬~東松山)

E51東関東道(湾岸市川~成田)

E65新空港道、C3東京外環道

E1東名高速(東京~厚木)

E20中央道(高井戸~八王子)

E14京葉道路

E83第三京浜道路

E83横浜新道

E16横浜横須賀道路

C4圏央道(茅ヶ崎JCT ~久喜白岡JCT )

C4新湘南バイパス(藤沢~茅ヶ崎JCT)※
※藤沢ICから茅ヶ崎JCT間とC4圏央道を連続走行する場合、休日割引の対象外となります。

 

大阪近郊の割引対象外区間

画像引用元:http://www.driveplaza.com

 

E1名神高速(大津~西宮)

E2A中国道(中国吹田~西宮北)

E26近畿道(吹田~松原)

E26阪和道(松原~岸和田和泉)

E25西名阪道(天理~松原)

E88京滋バイパス(瀬田東~久御山淀)

E89第二京阪道路(巨椋池~門真JCT)
(注)上記区間のほか、E93・E94第二神明道路、E91南阪奈道路、関門トンネルも休日割引の対象外となります。

注意する点

 

車載機にETCカードを挿入した状態での走行であることが条件です。

ETCカードは車載機のない車でも普通レーンを通行して係員にカードを手渡しすれば支払いは出来ますが、その状態ではETC割引は受けれらません。

 

走行距離の制限はありません。

 

他の割引とは併用できない

割引が重複した場合は、より高い割引率の割引が適用される。

深夜割引

 

すべての車種が適用対象

長距離トラック、ファミリーカーすべての車で深夜割引が受けられます。

 

深夜の時間帯に高速を走れば節約になりますが事故には気をつけて下さい。

割引率、どの程度安くなるの?

深夜割引も休日割引と同じで30%

5000円で1500円OFF

 

冬場のスキーなら夜中出発、早朝到着のケースは多いですよね。深夜割引要チェックです。

割引される時間帯は?

 

0~4時の時間帯が割引対象時間。
・重要チェックポイント↓

0~4時のあいだに少しでも高速に乗っていれば割引される。

大事なのは入口料金所と出口料金所の 通過時刻

 

こういうケースでもOK

22時に乗って0時30分に降りる。
または、深夜3時55分に乗って5時に降りる。

 

このポイントを押さえておかないとあと少しというときに割引が受けられない事になるので注意ですね。

 

23時30分に高速を走っていてこのままだと0時前に降りそうだと思ったらサービスエリアで時間を潰して0時をまわってから降りると割引が受けられます。

長距離トラックの運転手さんがこの時間調整のためにサービスエリアで時間を潰している事はよくありますね。

 

逆のケースではこれから高速を乗る場合に深夜4時近くになってきたら、急いで3時59分までに乗れば割引が受けられます。

 

深夜割引になる道路、ならない道路がある

 

対象道路はNEXCO東日本・中日本・西日本の3社が管理している道路宮城県道路公社の仙台松島道路

ただし、京葉道路・第三京浜道路・横浜新道・横浜横須賀道路は対象外

 

そのほか首都高・阪神高速も対象外です。

 

休日割引のように東京近郊・大阪近郊の区間は対象外というのは深夜割引にはあてはまらないので安心です。

 

 

注意する点

 

車載機にETCカードを挿入した状態での走行であることが条件です。

ETCカードは車載機のない車でも普通レーンを通行して係員にカードを手渡しすれば支払いは出来ますが、その状態ではETC割引は受けれらません。

 

他の割引とは併用できない

ETC休日割引と同様、ETC深夜割引も他の割引とは併用できません。

割引が重複した場合は、より高い割引率の割引が適用されます。

 

まとめ

 

今回は普通に車載機をつけてETC走行をしている一般の方向けに休日割引・深夜割引を解説しました。

 

このほかにETCマイレージサービスに申し込まないと受けられない平日朝夕割引、

高速料金利用料の多い事業者向けの大口・多頻度割引、

障害者の方向けの障害者割引、

などもあります。

 

ETC割引のことは一般の人にはあまり知られていないようですが、仕事で高速道路をひんぱんに使う人はETC割引をうまく使って経費削減をしています。

 

レジャーや、たまの用事ぐらいしか高速を使わない人でもETCの休日割引・深夜割引を利用すればお金の節約になります。

ぜひチェックして利用してみてください。

 


 

以上「以外と知られていないETCの休日割引・深夜割引、ポイントを押さえて高速料金を節約しよう」という記事でした。

      2017/12/21