セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード登場!法人ETCカードとして個人事業主・小規模法人におすすめ

このサイトでは社員に渡すETCカード目的で法人カードを作るなら最初の1枚としてセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード(法人)をおすすめしてきました。

しかしセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード(法人)は2020年1月いっぱいで廃止になります。

実質年会費無料の法人カードとして、個人事業主・小規模法人の方におすすめしてきたのですがちょっと残念ですね。

かわって登場(2020年1月14日)したのがセゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードです。

年会費は1,000円かかってしまうのですがセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード(法人)と比べると特典優待面では優っています。

ETCカード目的で法人カードを作るなら、これからはセゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードです。
どんなカードなのかじっくりと見ていきしょう。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード(法人)はどうなる?


実質年会費無料の法人カードとしておすすめしてきたセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード(法人)は2020年1月いっぱいで残念ながら廃止になります。

法人カードではないセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード(個人向け)は存続していて、このカードの特徴である個人口座・法人口座どちらでも使えるという機能があるので法人カードとしても使えない事はないのですが社員に渡せる追加カードがないのです。

基本的に会社名義となる社員に渡して使える社用のETCカードも作れません。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード(個人向け)はまったく一人だけでやっている個人事業主・法人経営者の方なら実質年会費無料の法人カードとしても使えるでしょう。

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの登場

廃止になるセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード(法人)に代わって登場するのがセゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードです。

基本スペック

券面
年会費 1,000円+税
引き落とし口座 個人口座・法人口座ともに可
国際ブランド American Express
ポイント還元率 0.5%ポイント有効期限 なし(永久不滅)
追加カード年会費 永年無料 (4枚まで作成)
ETCカード年会費 永年無料
海外国内旅行傷害保険 なし
必要な確認書類 本人確認書類のみ

概要基本スペックを見てもらうとわかるのですが、個人カードとしても使えます。

引き落とし先を個人口座にしてしまえばまったくの個人カードとして使えます。

逆に引き落とし先を法人口座にして追加で社員カード、そして社員用のETCカードを作れば立派に法人カードとして機能します。

最高限度額は500万円となっていますが、具体的な金額は審査によって決まります。

利用料延滞などの問題を起こさずに半年以上使っていれば限度額はじょじょに上がっていきます。

国際ブランド

国際ブランドとはVISAとかAmerican Expressのことを言いますが、これは国際的なクレジットシステムを運営している会社のこと。

「セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」で説明するとクレジットカード自体を発行しているのはクレディセゾンという会社。

そして使用している国際的なクレジットシステムはAmerican Expressということになります。

その結果セゾンとAmerican Expressの名前が入った「セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」という名称になっているのです。

国際ブランドのシェア率を世界規模でみてみると

アメリカン・エキスプレス:35.7%
ダイナースクラブ:31.5%
VISA:14.6%
JCB:8.0%
Mastercard:7.0%

こうなっています。

世界中で一番多く使われているのがアメリカン・エキスプレスのクレジットカードなんです。

公式サイト→セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード

法人カードで年会費1,000円はやはり破格

年会費無料の法人カードはいまのところ

●ライフカード ビジネスライト スタンダード
●セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

このふたつだけです。

(セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは年会費1,000円ですが年間一回でも使用すれば次年度の年会費が無料になるので実質年会費無料。)

そして年会費有料で一番安い法人カードが年会費1,000円のセゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードという事になります。

国際ブランドがアメックスというステイタスを持ちながら年会費1,000円の法人カードはやはり破格ですよ。

カード利用限度額

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの利用限度額は公式サイトによると500万円となっています。

しかし申し込んだときの初期限度額はそんなに多くはないはずです。

それでも最低で30万円で個人向け年会費無料クレジットカード(楽天カード、エポスカードなど)に比べると高めの限度額になっています。

クレジットカードの限度額は延滞などを起こさずに使っていれば半年、1年というタイミングで上がっていきます。

早めにあげてほしいときは直接カード会社に問い合わせてみましょう。

社員カードを4枚追加して使うとなると最低でも限度額は100万円は欲しいところです。

それなら経営者1人プラス4人でひとりあたり20万使えます。

 

社員カード・ETCカード

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは親カードと同じ機能を持ったクレジットカードを追加カードとして社員用に4枚まで作れます。

従業員のいる個人事業主や小規模の法人会社に最適な法人カードとして機能します。

追加カードとして引き落とし先が会社の法人口座になるETCカードも作れます。

車を使う従業員がいる会社はこの引き落とし先が会社の法人口座になるETCカードは重要アイテムですよね。

これは個人向けのクレジットカードでは作れないETCカードで法人ETCカードと呼ばれています。

セゾンカードの場合はちょっと特殊で1枚のクレジットから5枚のETCカードが作れる仕様になっています。

社員Aさんが社員カード(クレジットカード)を作った場合、その名義は社員Aさんになり、その社員カードからAさん名義のETCカードが5枚作れます。

個人的には仕事用としてはあまり意味がないと思っているのですが以前電話で確認したところ複数の車を所有している人向けということでした。

公式サイト→セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード

ポイント還元率

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのポイントは1,000円の利用につき1ポイント(5円相当)つきます。

1,000円ごと?999円の買い物ではポイントはつかないの?

そうではなくて毎月の合計金額について計算されます。
7万5,650円だと7万5,000円分が対象になります。

還元率としては0.5%でクレジットカードの獲得ポイントとしては最低水準ですね。

ただし法人カードではポイントのつかないカードも結構あるので悪くはないと思います。

さらにこのポイントは「セゾン永久不滅ポイント」といって他のクレジットカードのポイントのように有効期限がありません。

いつまででも貯めておけます。
僕は使っちゃいますけど。

使い忘れていてポイントを失効することがないのはいいと思いますよ。

携帯電話、固定電話、電気、ガス、水道、NHK受信料、放送、新聞、プロバイダー、国民年金保険料、自動車税、固定資産税、ふるさと納税、BIG・totoなどの支払いでもポイントが得られます。

法人税の支払いも出来ますよ。

還元率として0.5%で最低水準と書きましたが使う場所によってはメリットがあります。

 

全国のセブン-イレブンでの使用で還元率は1.5%

あらかじめ会員サイト「Netアンサー」から登録をして全国のセブン-イレブンで使うとnanacoポイントが1%、「セゾン永久不滅ポイント」が0.5%で合計1.5%のポイントが付きますよ。

特定のサービス利用で還元率4%

ヤフービジネスサービス
クラウドワークス
AMAZON WEB SERVICE(AWS)
Xサーバー
お名前.com
cybozu
さくらインターネット
モノタロウ
マネーフォワード
ミロクかんたんクラウド

これらのサービスの利用では通常の「セゾン永久不滅ポイント」の4倍の還元率2%のポイントが獲得できます。

サーバー代、ドメイン代、クラウドソーシングなど web系のビジネスでは非常によく使うサービスですよね。

わたしなどは大変助かります。

ポイント交換

永久不滅ポイントから他のサービスへ交換する事ができます。

必要な永久不滅ポイントと交換出来る金額をチェックしましょう。

還元率0.5%を切ると交換した事によって絶対的な価値は下がります。

それでも交換することによって使い勝手がよくなれば効果的ですね。

必要な永久不滅ポイント 交換出来る金額 その場合の還元率
ポイントでお支払い 200 900 0.45%
永久不滅WALLET 100 450 0.45%
Amazonギフト券 200 1,000 0.50%
Tポイント 100 450 0.45%
dポイント 200 1,000 0.50%
au WALLETポイント 200 1,000 0.50%
nanacoポイント 200 920 0.46%
point/">Pontaポイント 200 900 0.45%
スターバックス カード 200 900 0.45%
JALマイル 200 500 0.25%
ANAマイル 200 600 0.30%
すかいらーくご優待券 200 1,000 0.50%
モスカード 400 2,000 0.50%
ベルメゾン・ポイント 200 1,000 0.50%
tabiデスク旅行代金 200 900 0.45%
ANA SKY コイン 200 900 0.45%
プリンスチケット 400 2,000 0.50%

交換可能な永久不滅ポイントが貯まるとメールで知らせてくれますよ。

それはありがたい!

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード独自の特典

ネット関連のサービスに対する優待が濃いです。

エックスサーバー優待

定番のレンタルサーバー、「エックスサーバー」契約時の初期設定費用が無料。

個人向けプラン(X10、X20、X30) 初期設定費用3,000円(税抜)が無料
法人向けプラン(B10、B20、B30) 初期設定費用15,000円(税抜)が無料

 

ミロクかんたんクラウド優待

クレジットカードと会計ソフトの連携は最強なんですが、、(株)ミロク情報サービスの「会計・給与のクラウドサービス」無料お試しが3ヶ月使えます。

WeWork優待

コミュニティ型ワークスペースWeWorkは全世界の国・地域に展開されている28カ国105都市485箇所あります。(国内は20箇所程度)

WeWorkを2020年2月29日までに契約すると、初年度利用料が10%OFFとなります。

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード審査

法人カード(法人向けクレジットカード)は一般的に審査が厳しいという印象がありますが、セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの審査は比較的通りやすいです。

提出するのは本人確認書類だけなので本人に支払い延滞などの金融機関とのトラブルがなければまず問題ないでしょう。

申し込みフォームの「おしごと」欄にあらかじめ「家事手伝い」という項目が用意されているので職についていない人でも審査に通る可能性はありますね。

申し込みの流れ


インターネットからの申し込み後5分〜10分で確認電話が掛かってきます。

その後30分以内に審査結果メールが送られてきますよ。

まとめ

個人事業主や小規模法人の経営者向け法人カード最初の1枚としてオススメできたのがセゾンパールアメックス法人カードでした。

年会費は1,000円なんですが、年に一回でもカードを使えば翌年の年会費が無料になる、実質年会費無料の法人カードでしたが2020年1月いっぱいで廃止になります。

その後継カードがセゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードです。

年会費はしっかり1,000円かかってしまいますが、ステイタスの高いアメリカン・エキスプレスのビジネスカードが年会費1,000円というのは破格だと思います。

法人カード最初の1枚としてセゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードはありだと思いました。

公式サイト→セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード


以上「セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード登場!法人ETCカードとして個人事業主・小規模法人におすすめ」という記事でした
気に入ってもらえたらシェアしてくれると嬉しいです。

法人ETCカード, 法人カード

Posted by 管理人2