法人ETCカード簡単審査で新会社でも作れる
法人ETCカードつかいこなし術

普通のETCカードと法人ETCカード、その違いは?どう使い分ける?


業務で使うには法人ETCカードでなければだめと聞きますが、普通にクレジットカードを作るときに一緒に発行出来る普通のETCカードではだめなんでしょうか?普通のETCカードと法人ETCカード、どこがどう違うのでしょう?

今回の記事は普通のETCカードと法人ETCカードの違いについて、また二つのカードをどう使い分けるかを解説します。

 

 

普通のETCカード(個人用ETCカード)

 

普通にクレジットカードを作るときに「ETCカードも一緒に作る」という項目がありますね。

そこにチェックを入れるだけで普通のETCカードは作れます。

 

言い方を変えると個人向けクレジットカードを申し込んで作る事が出来る個人用ETCカードということです。

 

本人の使用以外NG

この個人用ETCカードには規定があります。

 

本人の使用以外NGなんです。

人に貸して使う事は出来ないんですね。

 

本人以外が使ったとしてもどうやってそれがわかるの?と言われれば普通は多分わからないでしょうと言うしかありませんが、何かトラブルがあった場合にカードの確認が必要になった場合はわかってしまいますよね。

 

本人以外の使用がバレた場合、最悪は親カードであるクレジットカードの利用停止になる事もあるそうです。

 

家族にもETCカードを作ってあげたい場合はまず家族カードを作ります。

(カードの追加オプションで家族カードが作れることが前提です。)

 

たとえば奥さんに家族カードを作ります、そしてその奥さん名義の家族カードからETCカードを作ります。

これで奥さん用のETCカードが出来ました。

請求先は親カードの持ち主である旦那さんの口座です。

 

会社でのETCカード使いまわしNG

社長の個人用ETCカードを従業員が使い回していることもあるかと思いますが、これも先ほどの本人以外の使用はNGにあたりますのでダメなんですよ。

 

それじゃ家族カードを作ってETCカードを作ればいいかというと、これもダメです。

規定で家族カードを発行できるのは一緒に生活をする人に対してのみなので従業員には家族カードを発行できません。

 

法人ETCカード

 

会社でETCカードを使う場合は法人ETCカードが必要です。

法人向けのクレジットカードを申し込むと作る事が出来るのが法人ETCカードです。

 

法人向けのクレジットカード(法人カード)

 

会社で使うクレジットカードは法人カードでなければいけません。

 

個人向けカードの規定で、仕入れ代金や経費の支払いなど会社に関する決済に個人カードを使うことは禁じられています。

利用明細ですぐにわかるのでカード会社からは警告が来ます。

警告を無視していると利用停止になる事もあります。

 

法人ETCカードなら使い回しOK

 

法人ETCカードなら従業員のあいだで使い回しもOKですし、必要な枚数を作ってそれぞれ従業員に渡すことも出来ます。

法人カードでは最初からETCカードを複数枚、発行できるようになっているためです。

 

請求先は経営者個人の口座か会社の法人口座になります。

 

法人カードは審査が厳しい

 

法人向けクレジットカード(法人カード)のクレジット審査は個人向けクレジットカードに比べると厳しくなっています。

申し込むのは経営者個人なので個人の信用情報も審査の対象になるが、その他に会社の業績、実績も審査の対象になります。

設立間もない会社、業績の安定していない個人事業主などの場合、審査に通らない場合もあるんです。

 

個人のクレジットカードは審査に通るのに法人の審査に落ちてしまうこともあるようです。

 

使い分け

経営者の方で個人ETCカード、法人ETCカード両方持っている人は、当然プライベートでは個人ETCカード、社用では法人ETCカードを使ってください。

個人事業主であったとしても、使い分けないと経費の計算が面倒な事になり、申告のときに困りますよ。

 

従業員で会社の法人ETCカードを渡されている人は当然プライベートでは使ってはいけません。

会社の経費の横領になってしまいますのでご注意を!

さらに利用明細はカードごとに出ますので、どのカードがどこでいつ使われたのかはすぐにわかります。

補足:ETC専用カードとは

 

ETCカードをETC専用カードと言っている場合があります。

 

わざわざETCカードをETC専用カードと呼ぶのはクレジット機能がなくETC車載機に挿入して使う、道路料金支払い専用のカードだという事を言いたいためです。

 

一部のカードでクレジットカード、ETCカード、両方の機能を一枚にまとめた一体型のカードがありますが、これは特殊なケースでそれ以外のETCカードはすべてETC専用カードです。

 

JCB法人カード
一体型のカード

 

個人用でも法人用でもクレジット機能なしの道路料金支払い専用のカードだという事は同じです。

まとめ

 

私用で車に乗るときは個人向けクレジットカードを作るときに作ったETCカードを使う。

社用で車に乗るときは法人向けクレジットカードを作るときに作った法人ETCカードを使う。

複数の社員がいる場合は当然法人ETCカードを配って使わせる。

個人事業主でも社用で車に乗るときは法人ETCカードを使う。

その方が経理業務が楽になるし、申告のためには必要。

 

関連記事↓

 


 

以上「普通のETCカードと法人ETCカード、その違いは?どう使い分ける?」という記事でした。

      2017/08/12