法人ETCカード簡単審査で新会社でも作れる
法人ETCカードつかいこなし術

リクルートカード、うまく使えば還元率3.6%でポイントがたまる

リクルート

年会費も無料で学生、アルバイトでも審査に通りやすいリクルートカード。
クレジットカードとしてはあまりメジャーな存在ではない印象ですが、ポイント還元率は1.2%とかなりハイレベル。

 

ポイントを貯めたい人にとっては気になるカードですよね。

しかも使い方によっては還元率1.2%どころじゃないんですよ。

 

nanacoなどの電子マネーにチャージしてポイント獲得、さらにその電子マネーを使ったときにもポイント獲得、実質還元率3.6%でザクザクとポイントが貯められます。

 

積極的にポイントを貯めたい人にはおすすめのリクルートカードを解説します。

 

リクルートカードでポイントが貯まる理油

 

リクルートカードはまず、どこで使おうと基本の1.2%は確実に獲得出来ます。

 

そのほかに提携するサービスで使うと独自のポイントも獲得出来、合計すると大きなポイントになるというわけです。

リクルートが運営するサービスで使う

 

じゃらん(宿泊予約)

じゃらん

じゃらんnetで予約・宿泊すると2%
さらにリクルートカード決済で1.2%
合計3.2%

 

ポンパレモール(ネット通販)

ポンパレモール

ネットショッピングで3%以上(商品によって違う。20%還元商品もある。)
リクルートカード決済で1.2%
合計4.2%以上

 

ホットペッパーグルメ(居酒屋・レストラン予約)、ホットペッパービューティー(美容室)

hotpepper

 

ネット予約・来店で予約人数x50ポイント獲得

さらにリクルートカード決済で1.2%

 

例)
4人予約 50×4=200ポイント
お支払い 20.000円 x 0.012(1.2%)=240ポイント
合計440ポイント獲得

 

ETCカード利用でも1.2%

高速道路でリクルートカード付帯のETCカードで料金を払えば1.2%のポイント獲得。

 

ETCカードの利用で1.2%のポイント獲得はありがたい。

楽天カードでも1.0%なのですよ。

 

リクルートカードは選ぶ国際ブランドによってETCカードが違ってくるんです。

 

JCB

 

 

JCBの場合は発行手数料・年会費無料

 

Visa・Matercard

mufg-etcVisa・Matercardは発行手数料1.080円(税込)・年会費無料

 

国際ブランド

リクルードカードの国際ブランドはJCB、Visa、Matercardの3種類から選ぶことが出来ます。

リクルート

 

海外でも使うのなら世界シェア1位、2位のVisa、Matercardのどちらかを選ぶのがいいと思います。

 

JCBだと海外では使えない場所もありますが、ETCカードが無料で作れるので国内で使う事を前提とするならJCBがいいでしょう。

 

この他、電子マネーへのチャージでも違いがありますのでその点も考量してください。

電子マネーにチャージしてポイント獲得

 

リクルートカードから電子マネーにチャージするとポイントが付きます。

 

それぞの国際ブランドでチャージ出来る電子マネーが違います。

 

JCB nanaco

モバイルSuica

VISA nanaco

モバイルSuica

楽天Edy

SMART ICOCA

au WALLET(auかんたん決済)

Mstercard nanaco

モバイルSuica

楽天Edy
SMART ICOCA

au WALLET

 

 

電子マネーにチャージするときにもポイントがついて、その電子マネーを使うときにもポイントがたまるわけです。

 

例)

nanaco

リクルートカードからチャージで1.2%

セブン-イレブンなどnanaco提携店での使用で0.5%

合計1.7%

 

楽天Edy

リクルートカードからチャージで1.2%

提携店での使用で0.5%

合計1.7%

 

年会費がかからないクレジットカードの中では、nanacoチャージで貯まるポイントの還元率で、リクルートカードの1.2%は最高です。

 

自動的にチャージ

nanacoクレジットチャージには、セブン-イレブンまたはイトーヨーカドーのレジでお買い物の際に、お支払い後の残高が設定金額未満の場合に自動的にクレジットカードからチャージする「オートチャージ」と、必要なときにそのつどクレジットカードからチャージできる「クレジットチャージ」があります

引用元:https://edy.rakuten.co.jp/howto/card/edy_rpointcard/charge/credit/

 

リクルートカードのスペック

 

年会費無料のカードとしては付帯保険の条件はいいと思いました。

付帯保険

 

海外・国内傷害保険が付いています。(利用付帯)

利用付帯とは旅行の費用をリクルートカードを使って支払った場合です。

 

海外旅行傷害保険

 

死亡・後遺障害が最高2000万円

 

国内旅行傷害保険

 

死亡・後遺障害が最高1000万円

 

ショッピング保険

 

保障額は年間で200万円

国内・海外での購入日から90日間補償

 

年会費無料のカードだと、ショッピング保険は海外での購入かリボ払いのみが対象というカードが多いのですがリクルートカードは国内での1回払での購入も補償されますね。

家族カード

本カードと同じ機能を持った家族カードが発行出来ます。

生活を共にする家族という事が条件です。

 

家族カードも年会費無料で維持コストはゼロというのはありがたい。

 

Apple Pay

選択する国際ブランドによってはApple Payに登録出来る。

 

JCB 登録できない
VISA 登録出来る
Mstercard 登録出来る

 

まとめ

 

リクルートカードは普通に使うだけでも還元率1.2%(1000円の使用で12円分のポイント)

 

使い方次第ではさらに1.2%〜3.6%でポイントが貯められます。

 

JCBブランドを選択した場合はETCカードも発行手数料・年会費無料なので維持コスト完全ゼロで使う事が出来ますね。

 

メインカードとしても十分使えますしサブカードにしてポイントをがんがん貯めるのも面白いと思います。

 

リクルート

 

 


 

以上「リクルートカード、うまく使えば還元率3.6%でポイントがたまる」という記事でした。
気に入ってもらえたらシェアしてくれると嬉しいです。