法人ETCカード簡単審査で新会社でも作れる
法人ETCカードつかいこなし術

テレビ東京WBSでデビットカード500万枚突破のニュース

7月18日のテレビ東京のWBS(ワールドビジネスサテライト)ではデビットカードの発行枚数が500万枚を突破したことを紹介していました。

日本におけるカードでの決済は全体の約2割、アメリカの約4割と比べるとまだまだで、いまだ現金払いが多いのが現状。

カード決済の普及にこのデビットカードが一役買っているらしいです。

 

それぞれのカード決済の違い

 

カード決済に使うカードを大きく分けると三つになります。

  • 前払い:Suica・WAONなどのプリペイドカード
  • 後払い:クレジットカード
  • 即時払い:デビットカード

 

 

プリペイドカードは前もってチャージするタイプ。

自分で3000円チャージしておけばその金額までは使える。

なくなったらまたチャージする。

 

クレジットカードは上限はあるが、とりあえず金額は気にせずに使って、あとからまとめて請求される。

(銀行からの引き落としなので引き落とし日までに入金しておけばOK。)

 

デビットカードは使ったら、その場で銀行の口座から支払いがされる。

だから口座が空だったら使えないですね。

要するにデビットカードは昔からある銀行のキャッシュカードが進化してお店などでもそのまま銀行のカードが使えるようになったというものですね。

 

デビットカード500万枚突破

 

デビットカードが500万枚突破したから、どうなんだ!

というとこれはクレジットカードに抵抗がある人でもデビットカードだったら作ってもいいやという人が増えたという事なんだと思います。

 

クレジットカードは基本、借金が出来るカード。

キャッシングは借金そのものですが、リボ払いなども10万円のものを借金して買って、毎月5千円づつ返していくのとなんら変わりはありません。

引き落としの口座にあまりお金がなくても引き落とし日までになんとか間に合えばいいやという感じになります。

 

ちゃんと自分でコントロール出来ないとこわいのがクレジットカードなので、そのへんのところからクレジットカードを作りたくない人は少なくないんです。

 

でもデビットカードだったら前述したように銀行のキャッシュカードがお店などで使えるようになっただけのものですから、口座にあるお金以上に使う事はないわけです。

 

カードでの決済がまだ全体の2割程度の日本において、クレジットカードに抵抗のある層もデビットカードでならカード決済にしてもいいな、という風潮が広まっていると感じられるのが今回の500万枚突破のニュースに現れているのだと思うんです。

 

このような現金払いではなくてカード払いになる恩恵は金融機関だったらいろんな面で感じているんですよ。

 

たとえば銀行は現金払いだったユーザーがデビットでカード払いにすると消費行動が把握できて住宅ローンなどのおすすめを的確な時期にする事が出来るようになるんです。

 

そうしたユーザーの消費行動を把握するためにも金融機関はデビットカードを使ったカード決済が広まってくれる事を歓迎しているわけです。

コンビニの払込票を使ってスマホで支払う

 

もうひとつ紹介されていたのがコンビニの払込票のQRコードをスマホで読み取ってそのまま決済してしまうシステム。

 

電気やガス、水道などの公共料金、ネットショッピングの代金などをコンビニのレジで払うときに持っていくのがこのような払込票。

コンビニでは一年で10億枚もの払込票が使われているそうです。

 

 

このような払込票を使ってレジで現金払いをした事がある人はかなり多いはずです。

払込票にはQRコード・バーコードが必ずついてますよね。

レジで店員さんが「ピッ」て読み込んで処理してくれます。

これを自分のスマホで出来るようになったんです。

コンビニに行かなくても自分のスマホのアプリからこのQRコード・バーコードを読み込んで支払いが出来るんですよ。

 

払込み票のQRコード・バーコードをスマホに読み込んで支払い処理をすると「お支払いが完了しました」となり、コンビニに出かけていかなくもいいんです。

 

 

今回、番組で紹介されていたのはBilling Systemという会社が提供する「PayB」ペイビーというサービス。

請求書・払込票・納付書などQRコード・バーコードが付いていればどんなものでもスマホで支払いが出来てしまう。

 

このようなシステムは日本電気(NEC)と三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)、三井住友銀行(SMBC)なんかが共同で開発していたはずなんだけど、そっちはどうなったんだろう。

 

今回のBilling Systemという会社はまた別のプロジェクトみたいですね。

 

まとめ

最近テレビで経済評論家の勝間和代さんが、「支払いはApple Watchで全部済ましています」っていう発言をよくしてますよね。

 

バラ色ダンディ勝間

(画像は東京MXばらいろダンディから)

クレジットカードを登録したApple Payと連動しているApple Watchの話なんだけれど、Apple Payはクレジットカードを登録しておけばカードを持ち歩く必要がなくなりスマホで決済が出来るシステム。

 

現金払い→カード払い→スマホ払い

キャッシュレスはどんどん加速していくんですね。

(坂東さんには使いこなせるのだろうか?)

 


 

以上「テレビ東京WBSでデビットカード500万枚突破のニュース」という記事でした。

      2017/07/23