法人ETCカード簡単審査で新会社でも作れる
法人ETCカードつかいこなし術

エネオスカード、シェル-Pontaクレジットカードを比較

石油元売り会社と提携して発行されたクレジットカードをガソリンカードと呼んでいてガソリンを安く購入出来るカードとして車を頻繁に使う人から重宝されています。

 

ガソリンスタンドごとに発行されるカードと違ってあくまでもクレジットカードなので、ショッピング・各種支払いに使うとポイントがたまります。

 

今回はガソリンカードの中でも人気の2枚、エネオスカードシェル-Pontaクレジットカードを比較してみようと思います。

 

ガソリン価格

 

1リッターにつきいくらという割引と、ガソリン・軽油購入価格に対しての割引(ポイント付与)があるので正直どのカードが一番おトクですとは断言できません。

 

シェル-Pontaクレジットカード

 

シェル-Pontaクレジットカードはガソリン価格に対して流動的。

 

昭和シェルのスタンドでガソリン・軽油を入れた場合ポンタカードの提示で1リッターにつき1ポイントがもらえます。

さらにクレジットカードでの支払いのときにも1リッターにつき1ポイントがもらえます。

結果1リッターにつき2ポイントでたまっていくのです。

ただし月間150リッターを超えた分からは1リッターにつき1ポイント(1ポイントは1〜3円相当、使用する場所で違う)

 

1リッターにつきですからその還元率はガソリン価格に左右されますね。

ガソリン価格が安いほど割引度は高くなります。

 

 

エネオスカード

 

エネオスカードはタイプが三つあって

  1. エネオスカード C:キャッシュバックタイプ
  2. エネオスカード P:ポイントタイプ
  3. エネオスカード S:スタンダードタイプ

このうちエネオスカード C:キャッシュバックタイプはちょっと特殊で毎月のカード使用料に応じてエネオススタンドでの給油のときにガソリン・軽油が割引になるというもので実質的に現金として還元されるスタイルです。

 

 

ポイントはつかないのでガソリン値引き以外の特典はなしという特殊なカード。

値引き率は下の表のとおり。

 

 

カード利用金額は買い物、レストランの支払いなどでもカウントされるので7万円以上でリッターあたり7円引きも達成できそうですが、月に150Lまでという制限があります。

そのためにキャッシュバックは最大でも7円×150L=1,050円にしかなりません。

 

7万円で1,050円の還元率を計算すると1.5%

 

この点を考量すると月2万円前後の利用が還元率としていいようです。

4円×150L=600円

2万円で600円の還元率を計算すると3.0%

 

 

ガソリン購入価格に対してエネオスカード P:ポイントタイプは還元率3.0%エネオスカード S:スタンダードタイプは還元率2.0%のポイントが付きます。

1,000円分のガソリンを入れたら30円(20円)相当のポイントが付きます。

 

キャッシュバックタイプポイントタイプの具体的な違いはキャッシュバックタイプは現金の形で割引になるが、ポイントタイプは貯まったポイントで商品を買ったり、商品券と交換したりして還元するという事です。

 

スタンダードタイプは両方の機能を備えていて、ガソリン・灯油価格は常に1リッターにつき2円引きになります。

 

現金値引きがいいという事ならキャッシュバックタイプですが、月の使用金額によっては還元率3.0%に届かない場合がありますね。

 

 


 

比べづらいのですが、エネオスカード P:ポイントタイプはガソリン購入価格に対して還元率3.0%のポイントが付くので常に100円につき3円相当のポイントがもらえるという事になります。

年会費

 

シェル-Pontaクレジットカード

最初の1年は無条件で無料です。

次の年からは1250円ですが1年のうち一回でも昭和シェル石油サービスステーションでカードを使うと無料になります。

 

ETCカード

3枚まで発行可能

(普通の個人向けクレジットカードのETCカードは1枚だけなので複数枚欲しい人には嬉しい仕様。)

年会費:無料

新規発行手数料1枚につき1,000円(税別)

(ETCカードを発行するときだけ新規発行手数料がかかります。)

 

家族カード

本カードと同じ機能のカードが3枚まで発行可能

年会費:無料

発行手数料:無料

 

 

エネオスカード

 

初年度無料
2年目以降1,250円(税抜)エネオスカード S:スタンダードタイプのみ年1回以上利用で無料になります。

 

家族カード、ETCカードは新規発行手数料・年会費、無料です。

ポイント付与

 

それぞれのポイント付与について見ていきますが、エネオスカード C:キャッシュバックタイプはポイント付与がありません。

還元率

エネオスカード シェル-Pontaクレジットカード
通常還元率 0.6% 1.0%
提携店での還元率 3.0%

(スタンダードタイプ2.0%)

ENEOSサービスステーションのみ。

給油・洗車・オイル交換など。

2.0%

Ponta提携店だとポンタカードとしてポイントがつき、さらにクレジットカードで支払いをすれば、そこでもポイントがつくという二重取りになるので2.0%。

 

提携店以外で使った場合、エネオスカード0.6%、シェル-Pontaクレジットカード1.0%でシェル-Pontaクレジットカードが有利です。

 

提携店で使った場合はエネオスカード3.0%、シェル-Pontaクレジットカード2.0%でエネオスカードが有利なんですが、エネオスの提携店はガソリンスタンドのみです。

 

それに比べるとPonta提携店はこんなにあります。

 

コンビニ・スーパー ローソン、ローソンストア100、ローソンマート、ライフ(限定10店舗)
通販・ネットショッピング サンプル百貨店、コジマ通信販売、つなごうモール、net price、Pet ponta.jp、HMV、ローソンフレッシュ、エルパカBOOKS、Loppi
グルメ・飲食 大戸屋、ケンタッキーフライドチキン、ピザハット(オンライン限定)
家電 ビックカメラ
トラベル・宿泊 H.I.S.(オンライン予約限定)、H.I.S.地球旅市場、スマ宿、ルートインホテルズ、つかえる
カーサービス 昭和シェル石油、オリックスレンタカー
ファッション・生活雑貨・美容 AOKI、サムソナイト、ジャンブルストア、セカンドストリート
医療・保険 Dental Ponta
エンタメ ゲオ、ゲオ宅配DVDレンタル、ゲオ動画、HMV、アイ・エム・エス、カラオケ本舗 まねきねこ、EMTG、セガ
スポーツ・アウトドア ゴルフダイジェスト・オンライン、ビーアンドディー、ヒマラヤ

 

使う場所によって1ポイントの価値が変わってくるんです。

ローソンならLoppiお試し引換券を活用すれば1ポイントが最大で3円になります。

補償

 

シェル-Pontaクレジットカード

 

死亡・後遺障害 2,000万円
傷害治療 100万円
疾病治療 100万円
救援者費用 100万円
賠償費用 2,000万円
携行品損害 1旅行20万/年100万円
(自己負担3,000円)

カードの紛失・盗難補償は付帯しています。

 

エネオスカード

 

エネオスカードには旅行傷害保険やショッピング保険は付帯していません。

これ一枚で何にでも対応出来るタイプのカードではないという事ですね。

 

カードの紛失・盗難補償は付帯しています。

 

まとめ

 

ガソリンの割引率はどれがいいとは正確には言えません。

条件がいろいろありすぎて比較出来ないからです。

 

ただ現金値引きとなるのはエネオスカードキャッシュバックタイプスタンダードタイプです。

 

ポイント付与だとおすすめは通常の還元率1.0%のシェルポンタでしょう。

提携店以外で使っても一般的な還元率0.5%の倍のポイントがもらえます。

 

ポイントを使う際も、「ローソンならLoppiお試し引換券を活用すれば1ポイントが最大で3円」、

これも魅力だと思います。

 

もちろん近所にあるスタンドがエネオス、昭和シェル、どちらかという事は基本です。

提携していないところで使っても意味がありませんので。

 

関連記事

 


 

以上「エネオスカード、シェル-Pontaクレジットカードを比較」という記事でした。
気に入ってもらえたらシェアしてくれると嬉しいです。