クレジットの審査が心配なクレジットカードが作りにくい人とは?

2019年2月8日

これからクレジットカードを作ろうと考えている人が一番心配になるのは自分でもクレジットの審査に通るのだろうか、という事でしょう。

両極端を考えてみると一番作りやすい人は公務員で、一番作りにくい人は無職で資産のない人または未払いなどカード会社とトラブルを起こしている人という事になると思います。

自分の場合はどのへんに位置しているのだろうと気になりますよね。
どういう立場の人がクレジットカードが作りにくいのか、細かく分類して見ていきましょう。

安定した収入のある人はクレジットカードが作りやすい

カード会社から好まれるのは安定した収入が約束されている人です。

一番安定した収入があると見られているのは国家公務員、地方公務員です。
この人たちは職を失う可能性が低く、国(地方自治体)から給料を貰っているわけで非常に安定した収入を得ていると判断されています。

その次が大企業のサラリーマンでしょう。
大企業のサラリーマンなら公務員より収入が多そうだから一番じゃないのと思われるかも知れませんが、安定度でいうと現状の日本では圧倒的に公務員が一番です。

カード会社からすると年収1千万の一般大手企業のサラリーマンより年収5百万の公務員の方が歓迎されます。

安定した収入のない人はクレジットカードがつくりにくい

一方安定した収入のない人たちはカード会社からは警戒されます。

例外
カード会社への支払いが出来なかったり、ローンが払えなくなったりで自己破産をする人たちは現状では安定した収入があっても確実に何年もクレジットカードが作れません。

安定した収入がないからといってそれだけでクレジットカードが作れないとは言えません。
細かく見ていきましょう。

無職の方

無職といっても色々な人がいます。

無職でも資産のある方

すでに退職されて仕事はしていないが資産がある方はクレジットカードを作れます。

クレジットカードを申し込む時に「無職の方」という項目があり預貯金などの額を入力する場合があります。
この場合、一定の額の預貯金があれば問題なくクレジットカードを作れます。

年金受給者

すでに退職されて仕事はしていないが年金受給者なので安定した収入がある方はクレジットカードを作れます。

年金はその方が亡くなるまで受給されるので非常に安定した収入と言えますよね。

専業主婦

家庭の専業主婦は全く収入はありませんよね。
しかし旦那さんが会社員など安定した収入があれば問題なくクレジットカードを作れます。

家庭の専業主婦は扶養家族であり経済的には守られている状態なので大丈夫なんですよ。
最近のクレジットカードでは申し込む時に「専業主婦」という項目も用意されています。

家事手伝い

家事手伝いと専業主婦は似ているようにも思えます。
しかしカード会社からすると、まったく属性に違う人たちなんです。

前述したように安定した収入のある旦那さんがいる専業主婦はなんら問題ないんです。

それに比べると「家事手伝い」という立場はカード会社からすると、あまり評価出来ない立場だと見られています。

無職で扶養してくれる配偶者もいない存在という事になりますね。
クレジットカードを作るのには厳しい立場だと思います。

学生

学生も当然、無職というカテゴリーに入ります。
クレジットカードは18以上かつ大学生以上であれば作れるのですが、未成年の場合は親(親権者)の承認が必要になります。

カード会社は学生本人の支払い能力ではなく親(親権者)が安定した収入があるかどうかで審査をします。

ただのフリーターという立場よりはは親(親権者)の承認がある学生の方が圧倒的に有利と言えるでしょう。

フリーター 、アルバイト、派遣社員

ちゃんとした職についていても、フリーター 、アルバイト、派遣社員の方の場合、年収の高い方でもカード会社からするとリスクの高いお客さんという事になってしまいます。

いつ失業するかわからない立場の人たちと見られていて、クレジットカード発行に対しては、どうしても慎重になってしまうのです。

月収が高くでも、いきなり失業してしまえば支払いが滞る危険があるからですね。

かといってフリーター 、アルバイト、派遣社員の方は近年増えています。
カード会社もそういった層を無視する事は出来ません。

流れとしてはフリーター 、アルバイト、派遣社員の方たちにクレジットカードを発行する傾向になってきています。

かつてはゴールドカードと言えば一般カードよりもステイタスが高くてなかなか持てないカードという印象でした。

しかし最近のゴールドカードはフリーターの方でも作れるものが出て来ました。
これなんかは明らかに審査基準が変わってきた証拠と言えると思います。

安定した収入のない人でも作れるクレジットカードと言えば

 

楽天カード

日本で一番使われているクレジットカードと言えば楽天カードです。

ネットの口コミをチェックするとフリーター 、アルバイト、派遣社員の方でも問題なく作れている事がわかります。

年会費永年無料でリーズナブルに使えるカード、女性用の特典がたくさん用意されている楽天カードピンクも人気です。

気をつけてほしいのは審査が厳しくなく入り口を広げている分、使い方が悪いと(支払い延滞など)退会にされてしまう率が高いとも言われている事です。

もちろん普通の使い方をしていれば何の問題もありません。
↓公式サイトからのお申し込み
電子マネー「Edy」機能付 楽天カード

関連記事

エポスカード

epos

学生、主婦の方でも作れるエポスカードは年会費無料、ETC年会費無料のクレジットカードです。

つまり維持コストが永遠にゼロなので作って放ったらかしにしても問題なし。

丸井デパート系のクレジットカードなので丸井でお買い物をする人にはおすすめのカードです。

ネットからの申し込みで審査に通って、その日のうちに丸井デパートのカウンターまで取りに行けば、即日でカードが手に入ります。

 

Apple Payが使える

iphone7以降、またはApple Watch Series 2以降で使えます。

カード申し込みはこちら↓

関連記事

 

まとめ

 

たしかに国家公務員や大企業のサラリーマンはクレジットカードが作りやすいです。

でも世間の大多数はそれ以外の人です。

カード会社としてもその人たちにクレジットカードを使って欲しいと思ってます。

安定した収入があるかどうかで悩むよりまずトライしてみたらいかがでしょう。

世間の大多数の人(わたしも含めて)はクレジットカードを持てているのですから。


以上「クレジットの審査が心配なクレジットカードが作りにくい人とは?」という記事でした。
気に入ってもらえたらシェアしてくれると嬉しいです。